日本人として生きる

   

Mt. Fuji

 

「海外に出たら、日本人も外国人」 

自分自身が外国人となる感覚は非常に面白い感覚です。 

しかし、面白いと思うことが出来ず自分の殻に篭ってしまう人もいます。 

或いは、外国でも日本人とだけ遊んでいるような人もいます。 

それは、それでありかと思います。 

ところが、それはもったいないことです。 

つまり、「郷に行けば、郷に従え」というように現地に染まる事が重要です。 

なぜなら、現地でしか学ぶことが出来ないことがたくさんあります。 

一生懸命やるしかありません。 

しかし、ここで一つだけ質問したいです。 

「あなたのどこの国の人ですか?」 

大多数の方の答えは、「日本人」です。 

世界中のどこへ行こうが、あなたが日本人であることには変わりありません。 

日本人として生きていくことは私たちが授かった「使命」です。 

時に意味のわからないルールに縛られることはあります。 

しかし、「日本人」にしかない優れたモノがあります。 

今回は、世界に誇れる日本人としての「強み」について解説していきます。 

日本人であることに胸を張って生きていけるようになりましょう! 

 

勤勉さ

  

white wooden bookshelf

 

「日本人は勤勉」 

海外から日本人に対するイメージです。 

日本人は、みんな真面目で一生懸命勉強していると思われています。 

実際は、全く違います。 

先進国の中でも家庭学習時間は最弱です。 

では、なぜ日本人に「勤勉」なイメージがついたのでしょうか。 

この理由は、日本が輝いていた時代のおかげかと思います。 

日本が世界で最も潤っていた時代がありました。 

いわゆるバブルという時代です。 

この時代に「Made in Japan」というモノが世界で最も輝いていました。 

この「Made in Japan」を作った先人たちはとにかく勤勉でした。 

たくさん学び、たくさん研究を重ねて、世界一のモノをいくつも作ってきました。 

現代でも世界で活躍している企業は、この時に力を付けました。 

そのままのイメージで日本人は勤勉が定着していると思います。 

人生で最も重要な事は「学び」です。 

ただ、単純に勉強すればいいわけではありません。 

「学び」は人を大きく成長させてくれます。 

「学び」は人を幸せにしてくれます。 

学びをなしに、豊かで幸せに暮らしている人は存在しません。 

「学び」には価値があります。 

だからこそ、「勤勉な日本人」は世界に誇る事が出来る素晴らしい国民性です。 

      

礼儀 

   

purple flowers on brown concrete building

 

「日本人は礼儀正しい」 

海外に行くと、日本人がどれだけ礼儀正しかったかを実感します。 

レストランなどにいっても丁寧に接客してくれます。 

しかし、海外ではそんな事はありません。 

店員さんでも、結構「いい加減に」「自由に」やっています。 

ここで思い出して欲しいのは、「郷へ行けば、郷に従え」です。 

海外の当たり前を受け入れる心を持たなければなりません。 

しかし、いい加減にやる事はダメな事です。 

ところが、自由にやる事は良い事です。 

だからこそ、いい加減にやる事は日本人として排除しましょう。 

いい加減にやってしまう理由は何でしょうか? 

それは「敬意」です。 

相手を敬う心があるかないかでいい加減さが変わってくるのです。 

敬意がない自由な接客と敬意がある自由な接客を想像して下さい。 

両方とも大差はありません。 

なぜなら、自由にやっている事には変わりないからです。 

しかしながら、敬意があるかないかで大きく変わるのが印象です。 

どちらの接客を受けたいでしょうか。 

答えは明白です。 

自由にやる事は海外の良いところです。 

是非、自分の中に取り入れるべきです。 

ところが、敬意は抜け落ちガチです。

しかし、敬意という日本人がもつ強みも使うべきです。 

すると、自由にやっている自分はHappyで、敬意を持たれているお客様もHappyです。 

つまり、「Win-Win」な状態になります。 

そのため、日本人として敬意を持った礼儀を意識しましょう。 

     

努力家

   

woman sitting on orange vehicle

 

「石の上にも三年」 

まさに日本人の精神のような言葉です。 

何かを極めようとするのが日本人の習性です。 

学生時代に一生懸命スポーツに取り組んだり、楽器を練習したり、勉強に打ち込んだり、様々な事を今までやってきていると思います。 

実際に、学生にやっていた事を大人になってからも続けているという人は少ないかもしれません。 

しかし、そのやっていた事から様々な事を学んで今の自分になっているという人は多いでしょう。 

時に、一生懸命やっていると辛抱強くやらなければならない事もあります。 

毎日が辛く憂鬱だった時もあるかもしれません。 

その時に辛さに比べたら、何も苦しいと感じない程強くなれたりします。 

努力は必ず報われるかはわかりません。 

しかし、確かな努力は形を変えて必ず自分に帰ってきます。 

幼少期から、その体験をもつ日本人は継続的に一生懸命やる事に対して価値を知っています。 

一方、外国人は日本人のように努力を続ける事が出来ません。 

熱中し始めたらすごい集中力を発揮するかもしれません。 

ところが、熱中する前に飽きてしまいやめてしまいます。 

なぜなら、外国人は自分に正直に自由に生きているからです。 

結果として、努力する事が少ないのです。 

日本人として、より良い自分を目指すために努力し続けましょう。 

 

   

まとめ

   

 

「日本人って面倒くさい」 

正直、私はこのように思っています。 

一つの事を決断するのに時間がかかったり、ただ単純に長くやっているだけで評価されたり、歳が下だからと無駄を押し付けられたり、様々なおバカ行為が溢れています。 

その点、海外は効率も良いし自由です。 

明らかに海外の方が優れている部分が近日では目立っています。 

しかし、悪い点があれば必ず良い点があるのです。 

日本人の良い点は何でしょうか? 

様々なモノがありますが、「勤勉さ」「礼儀」「努力家」の3点は間違いありません。 

日本人特有の文化の中から生まれた価値のあるモノです。 

日本という長い歴史の中で生まれたモノは、諸外国が簡単に真似できるモノではありません。 

つまり、日本人に生まれただけで、諸外国が真似できないモノを持っているわけです。 

そして、世界の人口で考えた時に日本人の人口はほんの数%です。 

圧倒的にマイノリティーだったのです。 

つまり、母数が少ないという事です。 

だから、日本人というだけで価値があります。 

今後、日本がさらに成長していくためには、歴史の中で構築された文化を知っておくべきです。 

そして、日本人として世界で誇り高く生きていきましょう。 

  

Categories:

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


カテゴリー
About Martin

Study Abroad in the U.S.

本場の自由を知る。 

自由の国に住み、西洋の価値観に触れました。

今までの日本で培った価値観とは大きく異なったものに触れることにより、様々なことを学びました。

生まれ故郷の東洋の価値観と第二の故郷の西洋の価値観を混ぜ合わせる・組み合わせることによって、より良い自分になることを目的に活動しています。