man on running field

 

投資は日本人からは嫌われて来ました。 

実際、今もギャンブルのようなモノと勘違いしている人が多いです。 

しかし、その認識では将来が真っ暗です。 

何故なら、貯金と年金で老後をゲートボールしながら乗り切る事は不可能になるからです。 

だからこそ、投資を始めなければなりません。 

この認識に間違いはありません。 

その理由は政府が投資を広く一般化するように政策を進めているからです。 

一番の例はNISAです。 

投資をするための口座です。 

その口座で投資を行うと非課税になります。 

本来、投資をして利益を得たら課税されます。 

その課税は20%程になります。 

しかし、この課税を免除とします。 

政府としたら、この税収は大きい収入源です。 

それを諦めて、NISAを作ったという事は意図は間違いなく、投資を一般化させるためです。 

非常にお得な口座です。 

これによって「少額投資」がトレンドになっています。 

 

今後、普通に生きていくだけでも投資が必要になる時代になります。 

人生は非常に長いです。 

ほぼ間違いなく私たちが生きている間に、そのようになります。 

だからこそ、少しずつでも準備を初めていきましょう。 

今回は、初心者が今すぐ投資を始めるためのステップを紹介します。 

著書「はじめての人のための3,000円投資生活」を参考にしております。 

もし興味があったら、是非読んでみて下さい。 

 

学ぶ 

 

black background with yellow text overaly

 

第一ステップは「学ぶ」です。 

まずは、投資とはどのようなモノであるかを学びましょう。 

広く一般的に日本人が持っているイメージは間違いです。 

投資というモノは社会を発展させるためには必要なモノです。 

むしろ、投資なしに今日の世界の発展はありません。 

投資については別の記事があります。 

こちらを読んでくれれば、投資がどのようなモノかがわかります。 

記事 :投資とは

ここで抑える事は、たった一つです。 

投資とは、豊かになるための手段です。 

決して怪しいモノではありません。 

 

行動 

 

man diving in water

 

第一ステップの「投資」を学んだところで、第二ステップは「行動」です。 

大袈裟に行動と言っても全く大した事をするわけではありません。 

ある2つの事を始めるだけです。 

 

投資 

 

man doing a stunt on beach

 

一つ目は、もちろん「投資」です。 

確かに、投資は怪しくないと分かってもいきなりやるのは気が引けます。 

何故なら、どんなモノを買えばいいのか分からないからです。 

買うべきモノは「バランス型投資信託」です。 

まず、投資信託とは何でしょうか。 

簡単に解説すると、非常に安全性が高い投資方法です。 

【投資信託の仕組み】 

  1. 投資家からお金を集めます。 
  2. 集めたお金をプロの投資家が運用します。 
  3. その運用によって生まれた成果を分配金として投資家が受け取ります。 

あなたは、もちろん投資家です。 

そのため、お金を払って投資信託を買います。 

そして、プロがあなたの代わりに運用してお金を増やしてくれるわけです。 

投資信託について、もっと詳しく知りたい方は別の記事があります。 

こちらをクリックしてみて下さい。 

記事 :投資信託とは、投資初心者の味方

 

お金を見える化 

 

black laptop computer

 

二つ目は、意外と簡単な事です。 

それは「節約」です。 

お金を増やす事は投資によって徐々に行っていきます。 

しかし、お金が自分の手元から増える以上に出ていっていたら意味がありません。 

そこで「節約」をして、財布の紐をしっかりと締めます。

ここで鍵となる考え方は「お金を見える化」する事です。 

どのようにお金を見える化をするのか。 

それは、自分が使うお金を「消費」「浪費」「投資」という3つのカテゴリーに分けるだけです。 

このカテゴリーの分け方は別の記事で紹介しています。 

下記に貼っておきますので、読んでみて下さい。 

記事 :お金の使い方は3種類だけ 

このカテゴリーにまず分けます。 

そして、自分の収入をどこに当てるかを考えます。 

正しいとされる比率は、 

  • 消費:70% 
  • 浪費:5% 
  • 投資:25% 

このようになります。 

自分の収入がこの通りの比率になっているかを見える化をした後に考えてみましょう。 

 

 

心構え 

 

sunlight and mountains

 

行動をしてみました。 

やってみると意外と簡単です。 

単純にお金で投資信託を購入して、自分のお財布事情を分析するだけです。 

ここまで、ほぼミッション完了のような状態です。 

しかし、ここで心構えを頭に入れましょう。 

これが、非常に重要になります。 

 

価格変動 

 

person wearing gray and red hooded jacket facing back

 

まず、価格変動に鈍感になりましょう。 

投資をすると金融商品を買う事になります。 

この商品は、株式や債券です。 

つまり、日々価格が上がったり下がったりします。 

よくある折れ線グラフのような状態になります。 

ここに一喜一憂していけないのです。 

いきなり、価格が上がったからと言って絶対に売ってはいけません。 

いきなり、価格が下がったからと言って絶対に売ってはいけません。 

とにかく長期的な視点で考えましょう。 

長期間で考えれば投資信託はほとんどの場合、上がります。 

だから、目先の利益や損失に心が奪われないようにしましょう。 

  

おすすめ 

 

man standing near flame

 

投資をしていると、何故か色々と「おすすめ」が出てきます。 

このおすすめと非常に危険だと考えましょう。 

証券会社や銀行がおすすめしてきます。 

しかし、このおすすめは高確率で粗悪なモノになります。 

証券会社や銀行があなたに売りたいおすすめは証券会社や銀行が儲かるように作られている事が多いです。 

金融期間の儲け方は、ずばり利息です。 

おすすめは、利息や手数料が非常に高い可能性が高いです。 

しかし、「毎月・分配」「高利回り」「人気が高い」などというキャッチフレーズです。 

おすすめされたモノではなく、自分で学んだ知識を信じるようにしましょう。 

 

まとめ 

 

 

投資は将来的には必要になります。 

むしろ、今までも投資によって世界は経済を回していました。 

実際、今の高齢者を支えている年金も投資として資産運用されています。 

年金は、給与から源泉徴収されます。 

つまり、自分の手元に入る前に天引きされます。 

その天引きされたモノは投資信託のように集められて運用されます。 

毎月天引きされているとはいえ、いくら天引きされているのでしょうか。 

その金額で老後が安心な程を支払っているのでしょうか。 

だからこそ、自分自身でも投資を始めなければなりません。 

反対に言えば、投資さえ始めれば老後は確実に大丈夫でしょう。 

100歳まで生きる時代です。 

今までのやり方ではダメに決まっています。 

だからこそ、今こそ投資を学んでみましょう。 

そして、正しい認識を持って、行動していきましょう。 

そうすれば、確実に将来は安定します。 

 

最後まで読んで頂き、誠にありがとうございます。

今回の記事の参考にした著書が下記に貼っておきます。

はじめての人のための3000円投資生活 [ 横山光昭 ]楽天で購入

Categories:

Comments are closed

カテゴリー
About Martin

Study Abroad in the U.S.

本場の自由を知る。 

自由の国に住み、西洋の価値観に触れました。

今までの日本で培った価値観とは大きく異なったものに触れることにより、様々なことを学びました。

生まれ故郷の東洋の価値観と第二の故郷の西洋の価値観を混ぜ合わせる・組み合わせることによって、より良い自分になることを目的に活動しています。