green leaf plant sprout

 

今回は著書「ニュータイプの時代」についての記事を書いていきます。 

2020年になって半年程が過ぎました。 

新型コロナウイルスによる世界規模のパンデミックが起こりました。 

人間同士の接触により感染していく事が明らかになっています。 

感染予防のためには人間同士で距離をとる必要があります。 

口で言うのは簡単ですが、実際に距離を保ち続ける事は非常に難しいです。 

何故なら、今までの時代で積み上げてきたモノは基本的に人間同士が一丸となって積み上げてきたモノだからです。 

その基本行動を禁止されてはお手上げになってしまいます。 

しかし、新しい技術を駆使して事態を乗り切ってきました。 

結果として、緩やかに進んでいた時代が一気に進んだ印象があります。 

 

今後も時代は変化していきます。 

また今回のように急激に時代を変えるような出来事が起こるかもしれません。 

将来、何が起こっても不思議ではありません。 

だからこそ、備える必要があります。 

今回は、私たちが将来に備えるために抑えておくべきポイントについて解説していきます。 

   

新しい仕事への価値観 

 

person holding fire cracker shallow focus photography

 

従来では真面目に仕事に取り込み、会社に尽くす人が評価される人でした。 

常に会社のためを考えて行動する事が出来る人が強かった時代です。 

そのための一つの会社に長く在籍する事に価値がありました。 

しかし、この状況は大きく変わっていきます。 

それは、マーケットにモノやサービスが溢れ始めてきているからです。 

 

前の時代は、まだモノやサービスがマーケットに完全に浸透していませんでした。 

消費者は、まだ手元にないモノやサービスに対してニーズを高く持ちます。 

つまり、前の時代は大きなニーズがマーケットに残されていました。 

そして、モノやサービスを打ち出すと瞬く間に売れていく現象が良く見られました。 

しかし、新しい時代では消費者はすでに多くのモノやサービスを保有している状態となります。 

つまり、打ち出せば売れた時代ではなくなってしまったのです。 

 

では、もうモノやサービスを売る事は出来ないのでしょうか。 

そんな事はありません。 

ただ、根本的に考え方を変えなければなりません。 

何故なら、従来と同じ価値のモノやサービスは売れないからです。 

消費者は、モノやサービスに溢れたマーケットの中から気に入った商品を選択します。 

つまり、そこで気に入ってもらわなければなりません。 

そのためには、従来のモノやサービスに付加価値を置かなければなりません。 

最低でも、この発想を持って仕事を持っていなければ仕事をしていても全く成果を得る事は出来ません。 

 

イノベーションを起こす 

  

champagne bottle and glass in bucket

 

付加価値を置かなければ新しい時代は生きていけません。 

ところが、これは最低限のレベルの話です。 

実際、あらゆるビジネスでこのような試みは常にありません。 

つまり、もうすでにマーケットは競争状態なのです。 

そこで勝ち抜くには付加価値だけでは足りません。 

では、一体何が必要とされるのだろうか。 

【イノベーション】を起こして新しいマーケットを創造する能力です。 

 

いきなり、こんなカタカナ言われても困る人が多いと思います。 

このカタカナを実行するために意識をする事を紹介します。 

  • マーケットにないニーズを発見する。 
  • より良いモノやサービスを想像する。 
  • 現在の問題を見つけ出す。 

上記からイノベーションの種を見つけ出せるかもしれません。 

新しい時代を強く生きれる人は、これらの事を日頃から意識して生活が出来る人です。 

  

グローバル×ニッチ 

 

close up photo of garden

 

グローバルとニッチと言う相反する言葉を同時に行うのが新しい時代です。 

グローバルとは、世界規模という意味です。 

自分が住んでいる地域や国に縛られず、あらゆる国をマーケットにする事が出来ます。 

一方、ニッチとは非常に小さい市場の事を指します。 

好きな人は好きなモノというイメージです。 

つまり、一部から大人気だが大衆化されていないようなモノやサービスです。 

新しい時代は、グローバル規模でニッチなマーケットを狙います。 

一部にしか良く思われないモノやサービスを世界中に展開したとします。 

国境を超えて、それが欲しいと思う一部が現れます。 

その地域では少数派だったとしても世界中から少数派が集まったら大変な事になります。 

とんでもない程の大きなニーズが出現する事になるのです。 

 

一部のためにモノやサービスを作る事は今まで難しかったです。 

何故なら、一部に売れても十分な売上にならないからです。 

結果として、大衆に受けるようなモノやサービスが多くなってしまいます。 

しかし、今後はニッチなマーケットも巨大なマーケットになります。 

何かに圧倒的に特化したスペシャルなモノやサービスが売れる流れになっていきます。 

 

まとめ 

 

 

「新しい時代」 

いつになったらやって来るのでしょうか。 

実際、もう新しい時代なのかもしれません。 

その時代の中で生き残るのは非常に困難です。 

何故なら、今まで培ってきた学びだけで逃げ切る事が出来ないからです。 

時代に乗り遅れて埋もれていくのはもったいないです。 

今から準備を始めれば必ず間に合います。 

まずは、仕事に対する思考を変えましょう。 

従順な態度が評価される時代は終了しました。 

今後は、突拍子もない可能性に溢れた発想力が重宝されます。 

つまり、イノベーションを起こせる人が活躍出来るわけです。 

そして、マーケットはグローバルに世界規模になりました。 

大きすぎるマーケットに大衆のために作られたモノやサービスで戦うのは無謀です。 

それよりも、ニッチなマーケットを狙うべきです。 

グローバルマーケットのニッチなマーケットは巨大です。 

そこで、大人気になるようなイノベーションを起こせる人が新しい時代に成功するニュータイプの人です。 

 

著書の一部を紹介しました。 

ビジネスの観点のみを紹介しましたが、著書にさらに様々な要素が盛り沢山になっています。 

将来の備えのために一度読んでみると良いかもしれません。 

 

   

Categories:

Comments are closed

カテゴリー
About Martin

Study Abroad in the U.S.

本場の自由を知る。 

自由の国に住み、西洋の価値観に触れました。

今までの日本で培った価値観とは大きく異なったものに触れることにより、様々なことを学びました。

生まれ故郷の東洋の価値観と第二の故郷の西洋の価値観を混ぜ合わせる・組み合わせることによって、より良い自分になることを目的に活動しています。