理想と現実 

 

woman in black jacket and black pants sitting on concrete stairs usingMicrosoft Surface Laptop

 

理想と現実はいつも異なります。 

理想は輝かしいですが、現実はいつも残酷です。 

そのため、いつもギャップがあります。 

留学には、典型的なギャップが生じます。 

想像上の世界よりも辛く厳しいからです。 

そんな中、諦めてしまう人は常に一定数います。 

諦めてしまう原因は、文化への適応だったり、金銭的な理由だったり、成績だったりします。 

これらは仕方のないことです。 

しかし、理由の中にはさらに厄介なものがあります。 

それは「やりたい事」を見つけてしまった場合です。 

そのためには、大学をやめるという選択肢をとる人も多いのは事実です。 

そして、大きな成功を成し遂げている事も事実です。 

これが正しい選択なのでしょうか。 

なかなか断定する事が難しい問題です。 

今回は、このような場合にどのように決断するべきかの方法を考えてみました。 

  

「やりたい事」に逃げない 

 

three person standing on university grass field

  

「やりたい事」をしっかり見つめる。 

「やりたい事」を見つける事は素晴らしいです。 

正直、大学を卒業するなどよりも価値は高いです。 

なぜなら、「やりたい事」を見つけるのは本当に難しい事だからです。 

もちろん、卒業したからと言って「やりたい事」が見つかるわけではありません。 

しかし、よくいるケースとして帰国したい理由を「やりたい事」のせいにしてしまう事です。 

「やりたい事」のせいにして留学から逃げ出す人もたくさんいます。 

それはあまりにもったいない事です。 

そこで、自問自答すべきな「質問は留学しながらでも出来ないのか」です。 

住んでいる場所のせいで様々な障害になる事はたくさんあります。 

しかし、今の時代はオンラインで大抵の事は出来るようになっています。 

そのように考えると帰国するために作った「やりたい事」は弱い事がほとんどです。 

それは、留学をやめる理由になる事はありません。 

    

緊急でやらなければならないのか 

 

green and white signage

 

仕事をする時に基礎的な考え方があります。 

「重要度」と「緊急度」の考え方です。 

時に様々な仕事が自分に飛び込んできます。 

しかし、一つずつ取り組むしかありません。 

その際に優先度をつけるのは当然です。 

あなたの「やりたい事」の重要度は高いです。 

しかし、緊急度はどうでしょうか。 

卒業した後では遅いのでしょうか。 

実際にモノによっては今すぐにやらなければなりません。 

ところが、大抵は今すぐやる必要はありません。 

卒業してからでも十分間に合います。 

むしろ、大学でしっかり学んだ後の方が上手くいく可能性の方が高いです。 

そのため、長期間で考えて今やらなければならない事を優先的にこなしていくべきだと考えます。 

  

戻ってくる 

 

person wrapping bandage

 

世界には様々な事情があります。 

さらにチャンスは突然回ってきます。 

そう考えると今いる場所からすぐに飛び出さなければならない時もあります。 

海外大学は非常に柔軟です。 

そのため、一度離れてしまっても戻ってくる事が可能です。 

実際、金銭的な理由で帰国せざる得ない状況の学生もいます。 

そのような学生は一年程の期間、大学から離れる事があります。 

その間に母国でアルバイトに励んだりします。 

そして、英気を養って大学へ戻ってきます。 

つまり、戻ってくる事は難しくないのです。 

この柔軟性を利用しない手はありません。 

あなたは「やりたい事」に挑戦する事が出来ます。 

そして、キリが良いところで再び大学へ戻ってきて学べば良いのです。 

だからこそ、本当に今すぐやりたい事であれば躊躇する事なく飛び込んでも良いのです。 

  

まとめ 

 

 

何度も言いますが「やりたい事」を見つける事は素晴らしい事です。 

実際に、見つけることが出来ずに人生を終えてしまう人もいます。 

だから、「やりたい事」はいかなる環境にいようと探し続けるべきです。 

しかし、大学という時間は有限ではありません。 

そして、時に辛くて厳しい事があります。 

海外という環境に身を置くのであれば、他の人が悩む事がない事にまで悩みます。 

しかし、そこから逃げ出すのは間違いです。 

なぜなら、留学はあなたを大きく成長させてくれるからです。 

そのため、「やりたい事」というモノはよく考える必要があります。 

頭が沸騰する程、考えた先にやはり大学を離れると選択肢をとっても、それは素晴らしい挑戦という選択肢です。 

ただ、一つ忘れてはいけない事は再び戻る事が出来る事です。 

もう一度、大学で学びたいと思えた時、何もなかったかのような顔で戻っても良いのです。 

挑戦する事が素晴らしいですし、戻るべき場所がある事も素晴らしいです。 

  

Categories:

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


カテゴリー
About Martin

Study Abroad in the U.S.

本場の自由を知る。 

自由の国に住み、西洋の価値観に触れました。

今までの日本で培った価値観とは大きく異なったものに触れることにより、様々なことを学びました。

生まれ故郷の東洋の価値観と第二の故郷の西洋の価値観を混ぜ合わせる・組み合わせることによって、より良い自分になることを目的に活動しています。