皆様、こんにちは。Martinです。

突然ですが、目標はあるでしょうか?

目標を持って努力するって素晴らしいと思います。

私自身、皆様と一緒に目標を持って頑張っていきたいです。

さて、SDGsとは、Sustainable Development Goalsです。

日本語で持続可能な開発目標と呼ばれます。

ここ最近、よく聞く言葉になってきています。

しかし、あまりよく深く知らないという方も多いのではないでしょうか。

今回は、SDGsがどのようなものなのかを解説していきたいと思います。

SDGsとは

まず、読み方なのですが「エスディージーズ」と読みます。

2015年9月に国連加盟国193ヵ国が集まり国連サミットが行われました。

その際に決定した、2016年から2030年の15年間で達成する目標です。

先進国、発展途上国の枠を超えて国際社会共通の目標です。

つまり、世界が一団となって取り組むと決めた目標となります。

17の目標

世界の共通の目標です。

そのようなものを作って一体何を達成したいのでしょうか。

それでは、SDGsの内容を見ていきましょう。

SDGsには目標項目が17個あります。

そしてその裏側に169の具体的な目標があります。

一度、ロゴを見て頂けるとどのようなものがあるかを確認できます。

上記が17の目標です。

これらを2030年までに国際的に達成していこうというのがSDGsです。

では、どのように達成したかを計測するのかというと169の具体的な目標を使うのです。

たくさんあるため、貼ることはできませんが具体的な事柄が17の目標とリンクするように書かれております。

簡単にいうと、まず17の目標あります。

そこに樹形図のように具体的な目標である169があるイメージです。

つまり、17の目標を達成するには169の目標を達成しなければなりません。

そして、169の具体的目標を全て達成することによってSDGsは達成されるのです。

要約すると、世界で決めた2030年までに達成するTo Doリストのようなものです。

下記にリンクを貼っておきます。

リンク先の1の持続可能な開発目標(SDGs)のゴールとターゲットを参照して下さい。

参照:169の具体的目標

以上が概論となります。

なぜSDGsが必要なのか

SDGsが必要な理由を解説していきます。

理由は、

「貧困に終止符を打ち、地球を保護し、全ての人々が平和と豊かさの恩恵を受けることができる環境を作ることを目指すため」です。

私たちが住む世界は、確かに豊かかもしれません。

しかし、世界では未だに貧困が後を経ちません。

確かに、以前に比べると劇的に減りました。

1990年から2015年にかけて、貧困で暮らす人の数は半分ほどになりました。

しかし、その日を生きるだけで精一杯な生活をしている人もいます。

環境も日々破壊が続いています。

確かに一時よりは、破壊の具合は確かに抑えられています。

しかし、未だ環境破壊は続いています。

教育に関しても、水準はバラバラです。

高水準の教育を受けている人もいれば、全く教育自体を受けることができない人もいます。

いずれの問題もここ最近始まった問題ではありません。

ずっと昔からあり続けた問題です。

正直、いつまで経っても解決されません。

確かに、多くの慈善団体があります。

多くの人格者たちが手を取り合って、このような問題に日々一生懸命に取り組んできています。

しかし、いくら大きな団体とはいえ世界規模のこれらの問題には歯が立たないのかもしれません。

そこで、SDGsが作られたのです。

国連の場で、世界中のリーダーが集まり決定しました。

つまり、国の枠を超えて世界という枠で一団となって解決へ乗り出すことを決断されて作られたのがSDGsです。

世界は、本気で問題を解決するために行動に出たのです。

達成可能なのか

世界という枠組みで問題解決に乗り出しました。

今までにない程の力を持って取り組まれます。

しかし、実際の話問題は解決されるのでしょうか。

結論、可能です。

闇雲に、リーダーたちが集まってSDGsを決議したわけではありません。

各国がもつ膨大なデータを元に作成されています。

そして、SDGsのSであるSustainableは、持続可能という意味です。

つまり、継続的に確実に行える範囲内での話となります。

結果として、SDGsは確実に達成されます。

「やればできる目標」なのです。

私たちができること

確かに、達成可能な目標がSDGsです。

しかし、世界規模の目標であるため私たちの生活にはあまり関係ないように思えてしまいます。

関係は大いにあります。

私たちの日々の生活の中で改善することができるものは多々あります。

SDGsの169の具体的目標の達成にためにできることは確実にあります。

SDGsをただのメディアのトレンドと脳内処理するのではなく、自身も参加するようにしましょう。

私たちは、Spaceship Earthの乗組員です。

責任ある行動をとるようにしましょう。

まとめ

SDGsとは、世界中のリーダーたちで決めた目標なのです。

未だに直面し続けている問題に対して、世界が一団となって解決へ向かうことを決定したのです。

一部の国だけが富を独占するような世界が現状です。

しかし、これは素晴らしい世界ではありません。

全ての人が自由に暮らすことができる、美しい世界にしなければなりません。

そのより良い世界を作っていくための目標です。

しかし、問題は非常に大きいです。

いくら世界が協力して取り組んでいくとしても大変な問題です。

だからこそ、私たちは個人単位でやれることを模索しなければなりません

SDGsを達成するために私たちができることはすぐに見つけられます。

今から、共に行動していきましょう。

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


カテゴリー
About Martin

Study Abroad in the U.S.

本場の自由を知る。 

自由の国に住み、西洋の価値観に触れました。

今までの日本で培った価値観とは大きく異なったものに触れることにより、様々なことを学びました。

生まれ故郷の東洋の価値観と第二の故郷の西洋の価値観を混ぜ合わせる・組み合わせることによって、より良い自分になることを目的に活動しています。