先が見えない世の中

   

man and woman standing on gray concrete floor during daytime

  

「見通しがつかない」

新型コロナウイルスによって、社会は大きく変貌しました。

今まで活発に動いていた経済も根本から止まりました。

止まっただけでなく、外出すると感染の危険があるため自宅で自粛をしなけばなりません。

一刻も早く元の生活へ戻りたい気持ちが高まる中、収束の見通しが経ちません。

そのため、日々を生活しているだけで不安に襲われます。

しかし、見通しがつかなかったのはコロナだけのせいでしょうか。

確かに多大な影響はありましたが、見通しがつかないのは今に始まったことではありません。

このままでは将来、貧しさと隣り合わせで生活することになると憂いている人もいるでしょう。

そんな将来を憂いているあなたは【投資】というモノに遅かれ早かれ出会います。

しかし、世の中には上手い話は存在しません。

ただ、闇雲に始めたら様々なモノを失います。

そんな中、初心者におすすめしたい手堅い投資方法があります。

それが、【投資信託】です。

なかなか優秀な投資です。

今回は、この投資信託について解説をしていきます。

将来、豊かに暮らすための財産を積み立てる大きな手助けとなります。

  

投資信託とは

   

closeup photo of eyeglasses

 

投資信託とは、ファンドの一種です。

ファンドとは、たくさんの人から資金を集めて大きな資金にすることです。

募金のように、たくさんの人から募金を募って大きな資金に変えて寄付をするようなイメージです。

投資信託の簡単なステップを紹介します。

  1. たくさんの投資家から資金を集めて一つの大きな資金とします。
  2. その資金を専門家が株式や債権などに投資をして運用します。
  3. その運用成果を、たくさんの投資家に還元していきます。

本来、投資は自分自身で資産を運用しなければなりません。

その際に、投資の知識やスキルが必要になります。

投資信託では、資金を投資したらプロの専門家が代わりに運用をしてくれます。

そして、運用の結果に応じて配当金・分配金を受け取ることが出来ます。

つまり、もしあなたが投資信託を購入したら、プロがあなたの代わりに資産を増やしてくれるのです。

とても、上手い話になっています。

しかし、そんな話は存在しません。

さらに、詳しく解説していきます。

 

投資信託の種類

   

assorted-label liquor bottle lot

 

投資信託は、投資家から資金を集めて専門家が株式や債権などの金融商品を運用する商品です。

世界中には、数えきれない程の投資信託としての種類があります。

実際には、様々な種類が大きく4つの分類に分けることが出来ます。

  • 株式型

株式指数や証券取引所などを目指して運用を行っていく商品です。

  • 債権型

先進国国債、新興国国債などの債権に運用をしていく商品です。

  • REIT

施設やホテルなどの不動産へ運用をしていく商品です。

  • バランス

株式や債権などを組み合わせて運用をしていく商品です。

それぞれの商品によって、様々な違いがあります。

 

メリット

 

brown, white, and purple medallion

 

投資信託の最大のメリットは、小額から始めることです。

本来、株式を購入するには大きな金額が必要になります。

そして、あらゆる銘柄に投資を行い、分散投資を行ます。

分散投資をすることによってリスクを減らすことができます。

しかし、本来の株式を購入しつつ分散投資であらゆる株式を購入するには大きな金額が必要になってきます。

実際に行ってみると、一個人では難しい金額となってしまいます。

投資信託は、投資家から資金を集めてこのような運用をします。

そして、その投資信託を購入すると元から分散投資ができた状態の商品を購入することができます。

さらに、投資信託は小額から購入することができます。

つまり、小額で分散投資がされた金融商品を買うことができるのです。

少額で、リスクが低い優良な投資を出来るわけです。

  

デメリット

  

people outside house

  

投資信託にはもちろんデメリットがあります。

それは、本来株式や債権の購入にはかからないコストが発生します。

  • 購入手数料

購入する際に発生するコストです。

しかし、現代ではノーロードと呼ばれて発生しない商品があります。

むしろ、優良な投資信託はノーロードが基本となってきています。

反対にノーロードではない金融商品は危険かもしれません。

  • 信託財産留保額

売却する際に発生するコストです。

  • 信託報酬

保有している間に発生するコストです。

専門家が運用しているために発生します。

コスト面で大きな欠点があります。

他に、商品を現金化することに時間がかかることや強制終了されてしますリスクがあります。

 

運用方法

 

green and black computer motherboard

 

おすすめの運用方法です。

以下の2つを継続的にやっていけば必ず利益を得られると言っても過言ではありません。

むしろ、これ以外の方法は全くおすすめ出来ません。

  • 長期間で運用をする。

価格は、日々変動しています。

しかし、株式指数を年単位でみていくと増えています。

そのような指数と同じ動きをするのが投資信託ですので、確実に利益を望めます。

  • 積立投資をしていく。

株価は、高騰・暴落する恐れがあります。

ただ、積立をすることによって購入額が平均的になります。

そして、投資信託は平均的に年々増えています。

そのため、積立をすると平均的に年々増えていく計算になります。

  

まとめ

 

 

小額からスタートをすることができるので初心者にも優しい運用方法です。

投資をする中で、分散投資をするのはとても重要なことです。

本来、分散投資には莫大な金額が必要ですが投資信託を購入すれば分散投資ができます。

そのため、リスクは非常に低く、コスト面で欠点はありますが長期的にみたら問題はありません。

プロの投資家があなたのために、確実な資産運用を行い、あなたの資産を将来的に増やしてくれる投資方法です。

しかし、そんな上手い話はありません。

他の方法の投資のように爆発的に伸びたりしません。

ゆっくりと時間をかけて伸びていく形になります。

そのため、「長期間」で「コツコツと積み立てる」

この2点が非常に大切です。

将来、豊かで自由に生きるために今から初めてみましょう。 

 

Categories:

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


カテゴリー
About Martin

Study Abroad in the U.S.

本場の自由を知る。 

自由の国に住み、西洋の価値観に触れました。

今までの日本で培った価値観とは大きく異なったものに触れることにより、様々なことを学びました。

生まれ故郷の東洋の価値観と第二の故郷の西洋の価値観を混ぜ合わせる・組み合わせることによって、より良い自分になることを目的に活動しています。