opened How to Know You've Evolved book

【英語が話せる】 

いくつもメリットがあります。 

グローバルに活躍するには必須のスキルとなります。 

しかし、今の時代に本当に必要なのでしょうか。 

今後、テクノロジーが発展していきます。 

そうなると、英語が話せなくてもアプリが解決してくれるようになります。 

現状、スマートフォンの普及率は凄まじいです。 

これを考えると、スマートフォンを利用して世界中の人間と簡単にコミュニケーションが取れるようになるでしょう。 

長い目で考えたら、英語は必要ないかもしれません。 

しかし、それでも英語を学ぶ事に意味があります。 

英語を学ぶべき理由を解説していきます。 

 

英語人口 

 

woman wearing white tank top

 

まずは従来の英語を学ぶべき理由を紹介していきます。 

世界で最も話されている言語が英語という事です。 

現状、世界人口で一番大きい比率を占めているのは中国人です。 

この事実は海外へ出てみればすぐに実感します。 

何故なら、世界中のどこに行っても確実に中国人はいるからです。 

単純に数字だけ考えてみると中国人が多いので、中国語を勉強すると良いでしょう。 

しかし、中国語には弱点があります。 

中国語は主に中国人のみに話されている言語です。 

確かに、中国語を使いこなしている外国人も存在します。 

ところが、人数でいうとごく僅かであります。 

それでは、英語はどうでしょうか。 

英語を母国語として話す国家は複数あります。 

そして、第二言語として英語を話す人は世界中に溢れています。 

そのため、英語を話す事が出来る人口を世界規模で考えたら中国語を大きく上回ります。 

このようになる理由は、英語が世界の公用語だからです。 

そのため、英語を学ぶ事は圧倒的にお得なのです。 

 

英語の基礎 

 

people on green grass field during daytime

 

英語を学べば、世界中の人間と会話する事が出来るようになります。 

しかし、実際問題として日本人は英語が話せません。 

だから、困っていると言いたい人もいるでしょう。 

ここで諦めないで欲しいです。 

確かに、日本の英語教育は世界最低ランクです。 

何年も勉強するわりに、自己紹介するのが精一杯です。 

本当に実用性にかけた英語教育になっています。 

だからこそ、日本で英語は学ぶ事は出来ないと諦めてしまう人が多いのです。 

これは、大きな間違いなのです。 

何故なら、日本の教育とはいえ英語自体は何年も勉強しているわけです。 

ある程度の単語量と文法のルールは知っているわけです。 

そこからスタートする事が出来るのが日本人です。 

これは、全くの0からスタートするよりも圧倒的に簡単です。 

実際に、他の言語を0から学ぶよりもにわかに学んだ英語を学ぶ方が簡単です。 

だからこそ、ある程度の基礎知識がある英語を学ぶべきなのです。 

 

グローバル市場 

 

two man carrying backpacks during daytime

 

これまでは従来の英語を学ぶ理由を紹介しました。 

ここからは、今後の将来を視野に入れながら解説していきます。 

2020年 、世界中でコロナショックが起こりました。 

今までの社会の仕組みが一転するような事態になっています。 

出社する事が危険行為となりました。 

そのため、リモートワークとして自宅で仕事をする事が当たり前になりました 

これによって、広がり続けていたグローバル化が一旦ストップしたかのような印象を受けます。 

実際、海外からの輸入や輸出は止まりました。 

海外からの入国も海外への出国にも規制がかかっています。 

実際、今の時点で海外へいく人はいない状態です。 

しかし、これによってグローバル化は止まっていないのです。 

むしろ、加速し始めています。 

デジタルで繋がれるのが当たり前になっていました。 

しかし、これまではデジタルを有効活用していない部分がありました。 

ところが、今回の騒動によってデジタルに便りざる得ない状況になりました。 

実際、今ではZOOMなどを利用した事ない人は少なくなってきています。 

会議も打ち合わせも飲み会もZOOMでやるからです。 

これを利用すれば海外とも一瞬にして繋がる事が出来ます。 

今までは、現地にいって交渉や商談していました。 

今は、全てがオンラインでやれるようになりました。 

これは、とんでもなく大きな一歩です。 

何故なら、国境関係なくグローバルに動けるようになったからです。 

そして、ますますグローバル化は大きくなっていきます。 

こうなると英語は最低でも学んでおくべきモノとなってきます。 

 

ついでのモノ 

 

group of people walking in the middle of the street

 

言語を学ぶのは正直大変です。 

結構な努力が必要になってきます。 

しかし、現在はテクノロジーがあります。 

そして、日々成長しているのがテクノロジーです。 

そのため、時間が経てばテクノロジーが言語を克服してくる時代がやってきます。 

つまり、英語が話せなくてもテクノロジーを使って、英語しか話せない人とも会話できるようになるのです。 

ほぼ、間違いなく将来的に起こる事でしょう。 

結果として、英語を学ぶ意味がないと考えてしまうのです。 

会話だけが英語ではないのです。 

本当に大切なのは英語を学ぶ過程にある「ついでのモノ」です。 

英語から学べる「ついでのモノ」は、 

  • 広い視野 
  • 多様な価値観 
  • 文化 

これらは、英語を学ぶ上で避けては通れません。 

何故なら、これらを理解しなければ理解出来ないのが英語だからです。 

テクノロジーが、私たちに「ついでのモノ」を教えてくれる事はありません。 

英語を学ぶ過程で学ぶことが出来るモノに大きな価値があります。

だからこそ、英語を学ぶ事には何事にも変えられない価値があるのです。 

 

まとめ 

 

英語を学ぶと英語を話す人も気持ちが分かります。 

普段、彼らはどのような事を考えているのか。 

普段、彼らはどのような事を面白いと感じるのか。 

普段、彼らはどのようなモノと戦っているのか。 

普段、彼らはどのようなモノを大事にしているのか。 

人種も文化も違う人間たちです。 

簡単に分かり合うことが出来るわけがありません。 

しかし、分かり合うことにこそ最高の価値があるはずです。 

だからこそ、どちらかが歩み寄るしかありません。 

そんな人間になりたいと思いませんか。 

 

そして、言語は非常に大切です。 

何故なら、彼らの思考の基礎は言語にあるからです。 

私たちの国民性は確実に日本語の特性を受けています。 

そんな基礎を学ぶと見えてくるモノが全く変わってきます。 

今後のグローバル社会を活躍出来る人は絶対にそういう人間でしょう。 

 

Categories:

Comments are closed

カテゴリー
About Martin

Study Abroad in the U.S.

本場の自由を知る。 

自由の国に住み、西洋の価値観に触れました。

今までの日本で培った価値観とは大きく異なったものに触れることにより、様々なことを学びました。

生まれ故郷の東洋の価値観と第二の故郷の西洋の価値観を混ぜ合わせる・組み合わせることによって、より良い自分になることを目的に活動しています。