boy sitting on bench while holding a book

今回は、著書「LIFE SHIFT」を参考にして記事を書いていきます。 

 

時代は劇的に変化しています。 

技術の進歩が著しく早いです。 

今までは想像上のモノが現実となって来ています。 

そして、今後も技術は進化していきます。 

未来の事を考えると心が踊ります。 

ところが、物事は良い面と悪い面を持ち合わせます。 

技術の進歩によって、私たちの寿命は著しく長くなります。 

非常に喜ばしい事ですが、リスクが潜んでいます。 

それは「長生きリスク」と呼ばれるモノです。 

多くの人が100歳まで生きる時代がやって来ます。 

その時代では、今までの「やり方」では生き抜く事が出来ません。 

「新しいやり方」に移行する必要があります。 

この問題は、今を生きるあなたに必ず降りかかって来ます。 

だからこそ、「新しいやり方」を学んでみましょう。

  

人生プランの見直し 

  

person holding ballpoint pen writing on notebook

 

今、あなたは人生プランを持っているでしょうか。 

学校を卒業して、就職をし、〇〇歳で結婚して、子供を産んで、退職して、、、、

従来の考え方では、このようなモノが多かったと思います。 

著書では、従来の人生プランは固定化されていると述べられています。 

それをステージに分けて紹介します。 

  1. 教育 
  2. 仕事 
  3. 引退 

人によって様々な状況があります。 

しかし、全体的に各ステージ事に進んでいくようになっています。

つまり、このステージの順番通りに人生が進んでいきます。 

しかし、今後の世界は順番通りに進む事が非常に困難です。

そのため、新しいやり方へ移行しなければ生き抜く事が出来ません。 

   

固定化が終了する理由 

 

seashore during golden hour

 

固定化されたステージを進む事は出来なくなります。 

何故、このようになってしまうのか。 

その理由は下記のようになります。 

  1. 技術の進歩
  2.  情報の流通量
  3.  長く働く 

1番の技術の進歩によってあらゆる事が自動化出来るようになって来ます。 

自動出来る事は自動でやる方が都合が良いのは明らかです。 

このようになると、人間による労働は今よりも少なくなって来ます。 

実際に、AIに将来的に仕事を奪われるという事がよく言われています。 

 

2番の情報の流通量が昔と比べて破格に増えています。

この恩恵として、あらゆる情報が瞬時に手に入るようになりました。 

一方、情報が飛び交う事により技術の進歩を著しく早めています。 

結果として、技術の進歩に繋がって来ます。 

そして、AIに仕事を奪われる事になるかもしれません。 

 

3番は、単純に働く期間が長くなるという事です。

AIはデープラーニングと呼ばれる技術で無限に学び続けます。 

一方、人間は行った学びは時間が経つに連れて役に立たなくなって来ます。 

つまり、学生時代に深く学んだ知識も長く働いている間に使い物にならなくなってしまいます。 

古くなった知識しか持っていない人材を雇用する企業はありません。 

実際、ある企業では終身雇用終了を発言したり、早期退職者を募ったりする動きが見受けられるようになって来ました。 

 

これらが理由となって、今までは固定化されていた人生プランも意味がなくなってしまいます。 

だからこそ、新しい時代にあった人生プランを用意する必要があります。 

  

新しい時代の人生プラン 

 

white neon light signage

 

では、新しい時代の人生プランとは一体何なのか。 

従来の型にハマっていない人生です。 

今までの固定されていた人生ではなく流動的な人生が新しい時代の人生プランです。 

技術の進歩や情報の流通量によって、知識やスキルといったモノが廃れるスピードが上がりました。 

もちろん、廃れた後は無意味なモノになります。 

結果として、新しい知識やスキルといったモノを身に付け続ける必要があります。 

そのために、人生を流動的にしなければなりません。 

流動的になるとは、上記で紹介したステージを行ったり来たりします。 

学生として学び、就職してサラリーマンとして仕事を始めます。 

何年か仕事をした後に、再び学生に戻って学び新しいスキルや知識を身に付けます。 

そして、起業をして自分でビジネスを開始します。 

その後、またサラリーマンに戻り、引退する。 

引退した後も、ゆったりと自分がやりたい仕事だけする。 

長い人生の中で、ステージを行ったり来たりしています。 

これは、あくまで一つの例です。 

この流動化の利点は、様々な体験をする事によって知識やスキルが廃れる前にアップデータが出来る事です。 

知識やスキルをどんどんアップデートする事が出来れば長く働いていても老害になる事はありません。 

  

時間を味方に付ける 

 

selective focus photo of brown and blue hourglass on stones

 

ステージを行ったり来たりするの新しい時代の生き方です。 

しかし、今の時代はコンテンツに溢れています。 

そのため、教育のステージにわざわざ戻らなくとも十分な教育を受ける事が出来ます。 

もちろん、十分に高い質のコンテンツも上がっています。 

結果として、仕事や引退のステージにいながらも教育のステージに立つ事が出来ます。

しかし、ここで大きな問題があります。 

それは、「人間は平等に一日24時間しかない」という事です。 

実際、日本で働いていたら時間を確保する事が難しいです。 

この理由は、残業が多すぎるからです。 

残業すると、一時的に残業代をもらう事が出来るかもしれません。 

しかし、知識やスキルをアップデートする時間を得る事が出来ません。 

ところが、アップデートしなければ生き抜く事が出来ません。 

非常に困った状況になっています。 

そんな時の方法は時間を取ること出来るように管理する事です。 

残業せずに、定時のタイミングにすぐに帰宅する。 

その後、自己投資のために時間を使う。 

このようにして、自分自身と仕事をコントロールします。 

これをやらずに新しい時代を生き抜く事は不可能です。 

もし今の会社がそれを許さないのであれば、今すぐに退職した方が良いです。 

つまり、自分が勤める企業は確実に「ワークライフバランス」が整っている環境である事が非常に大切になって来ます。 

  

まとめ 

 

 

時代は、今よりも一層難しくなります。 

単純にステージを登っていくだけの時代は終わりました。 

それぞれステージを動き回る時代です。 

卒業したから、もう勉強しなくても良いというのは古いです。 

一見、非常にただ大変になったように思えます。 

しかし、考え方によっては素晴らしいモノです。 

サラリーマンとして、仕事をしていると学生時代にもっと学んでおけばよかったと思う事はあると思います。 

新しい時代だったら、そう思った時に学生に戻るという選択をする事が出来ます。 

サラリーマンをしばらくやって疲れて来たと感じたら、数年引退するという選択をする事が出来ます。 

仕事をしていようと引退していようと、教育のステージにはすぐに立つ事が出来ます。 

仕事を効率的に行い、開いた時間で学びに没頭するべきです。

そして、引退してしばらく学びに没頭する人生も認められます。 

これが新しい時代です。 

こんな自由な時代に、古代の思考のまま企業に従順に働いていたとします。 

どんなに一生懸やっていても、全く状況が良くなっている事を実感出来ません。 

このまま、時代を無視し続けたら将来的に苦労するかもしれません。 

 

Categories:

Comments are closed

カテゴリー
About Martin

Study Abroad in the U.S.

本場の自由を知る。 

自由の国に住み、西洋の価値観に触れました。

今までの日本で培った価値観とは大きく異なったものに触れることにより、様々なことを学びました。

生まれ故郷の東洋の価値観と第二の故郷の西洋の価値観を混ぜ合わせる・組み合わせることによって、より良い自分になることを目的に活動しています。