turned on Acer laptop on table near cup

 

今後の時代には投資が不可欠です。 

会社員としての収入はいつなくなるか分かりません。 

実際、政府を副業を推奨しています。 

 

世の中には様々な副業があります。 

いずれを選んでも時間がかかるモノであります。 

雇われ身である会社員は基本的に時間がありません。 

確かに、稼ぐ事が出来るようになるくらいの時間は確保する事は出来ます。 

しかし、それをやってしまうと他の時間がなくなってしまいます。 

そんな時に良いモノは「投資」です。 

投資は自分が働くのではなく、お金が働いてくれます。 

そのため、労働時間はありません。 

 

ところが、投資は経済の影響を大きく受けます。 

そんな中で、議論となるのは「債券」です。 

株式よりも稼ぐ事が出来ない債券を購入するべきかという事です。 

今回は、債券を購入すべき理由を説明していきます。 

 

リスクが低い 

 

Do Something Great neon sign

 

株式も債券も、企業が発行するモノです。 

両方とも所有していると、配当金や分配金という形でリターンを受け取る事が出来ます。 

株式と債券を比べると、株式の方がリターンが大きいです。 

このようになる理由は何故でしょうか。 

株式は「企業の所有権」です。 

つまり、株式を所有すると、その企業のオーナーになる事が出来ます。 

オーナーは、その企業の業績によって利益を受け取る事が出来ます。 

もし企業が良い業績を上げたら、オーナーであるあなたに分配金や配当金を還元をしてきます。 

反対に業績が下がったら、あなたに分配金や配当金を還元をしません。 

結果として、業績によって分配金や配当金が変動するのです。 

債券は「企業の借金」です。 

つまり、債券を所有すると、その企業にお金を貸した事になります。 

お金を貸したら、利息をつけて返すのがルールです。 

その利息が、分配金や配当金によく似ています。 

利息は、定額で決まっています。 

そして、必ず返済しなければなりません。 

結果として、変動が少なく安定して利益が還元されます。 

これに伴って、株式よりもリスクが少ない分として、リターンも少ないのです。 

   

安定感が大切な債券 

 

water splash on body of water

 

株式はリスクが多少あります。 

業績不振や経済危機などの要素によって暴落する可能性を秘めています。 

反対に、債券はリスクが低いです。 

その結果、リスクが低い分、リターンを低いです。 

このことから、債券に大切な事は安定感です。 

どのような非常事態が起こっても安定している事が債券に求めるべきポイントです。 

 

確実な安定のETF 

 

black android smartphone on brown wooden table

 

様々な株式や債券をまとめたのが「ETF」です。 

ETFについてまとめた記事は下記に貼っておきます。 

記事: ETF〜上場投資信託〜

元々、安定している債券をいくつもまとめるとどのようになるか。 

さらに、安定するのです。 

ほぼ、間違いなく安定的に利益を還元してくれます。 

先日、コロナショックによる暴落がありました。 

結果として、大きく株価は落ちました。 

しかし、ある特定のETFは影響を最小限に抑えています。 

さらに、多少の影響を受けてもすぐに復旧しています。 

そのため、非常に優秀なモノとなっています。 

いくつか紹介をさせて頂きます。 

  

LQD 

 

person holding ballpoint pen writing on notebook

 

アメリカドルで発行されているETFです。 

1,500銘柄以上の社債と呼ばれる債券によって構成されています。 

その債券の格付けはBBB以上となっています。 

(非常に優秀な格付け位置となっています。) 

分配金はあまり多くありませんが毎月あります。 

しかし、安定した収入となります。 

さらに、年間のリターンは2.8%程となります。 

  

AGG 

 

MacBook Pro, white ceramic mug,and black smartphone on table

 

こちらもアメリカドルで発行されているEFTです。 

アメリカの債券の市場に米国総合債券市場と呼ばれる場所があります。 

ほとんどのアメリカの債券がここ取り扱われいます。 

AGGはこの市場で取引されている債券によって構成されいます。 

もちろん、安定した優良な債券です。 

分配金も同様に毎月あります。 

おおよそ、年間のリターンは2.5%程となります。 

   

長期保有には必須 

 

gray steel drawing compass near brown leather case

 

投資には、それぞれのテーマがあります。 

それを大きく括ると2種類に出来ます。 

  • 儲けるための投資 
  • 資産を増やすための投資 

投資によって儲ける事は可能です。 

様々な方法があります。 

実際に、多くの人が投資によって大きな財産を築いています。 

しかし、これにはリスクが付いています。 

大きなリターンには大きなリスクは付き物なのです。 

反対に、資産を増やすための投資があります。 

長期間で徐々に運用金額を増やしていくやり方です。 

この方法には債券は非常に合っています。 

そのため、もし長期保有による投資を考えている場合は債券を組み入れるべきです。 

  

まとめ 

 

 

世界はいつ何が起こるか分かりません。 

10年ごとに大きな経済危機を迎えます。 

その経済危機によって大きな損失する人も大きく儲ける人もいます。 

経済の渦に巻き込まれている限り、いつまでも安定しません。 

投資は、将来的に確実に安定するために行うモノです。 

そんな安定感を生み出すためには債券が鍵となります。 

目の前の利益は少ないかもしれませんが、確実な利益があります。 

そのためにも債券をポートフォリオに組み入れる事を検討してみるのは如何でしょうか。 

   

Categories:

Comments are closed

カテゴリー
About Martin

Study Abroad in the U.S.

本場の自由を知る。 

自由の国に住み、西洋の価値観に触れました。

今までの日本で培った価値観とは大きく異なったものに触れることにより、様々なことを学びました。

生まれ故郷の東洋の価値観と第二の故郷の西洋の価値観を混ぜ合わせる・組み合わせることによって、より良い自分になることを目的に活動しています。