selective focus photo of plant spouts

「夢のセミリタイア」 

 

日々、仕事にストレスと向き合って通勤します。 

毎朝、同じ時間に起きて定時になったら一息ついて残業へ向かいます。 

帰宅したら、夕食をとってビールを飲んで就寝。 

これを毎日繰り返す日々です。 

誰もが当たり前のようにやっている事ですが、本当に大変な事です。 

 

何年も何十年を繰り返して、身体を壊してしまった人もいます。 

うつ病になってしまって長期間社会に復帰できなくなってしまった人もいます。 

さらに、自分で生命を絶ってしまって帰らぬ人になってしまった人もいます。 

なぜこのような事になってしまうのか。 

それは、自分が向かっているゴールが見えないからです。 

定年退職が設定されているとはいえ、いつその年齢が変更されるかは分かりません。 

そのため、闇雲にマラソンをしているような感覚です。 

だからこそ、ゴールを持つよう」にしましょう。 

人によって様々なゴールがあります。 

私自身は、セミリタイアをゴールに設定しています。 

自分自身で労働しなくても不労所得からの収入で生活する事ができる状態にする事です。 

この不労所得は投資から得る予定です。 

もちろん、投資ですのでまとまった金額を必要とします。 

今回は1,000万円と金額を設定します。 

1,000万円あればセミリタイアが可能なのかを解説していきます。 

 

1,000万円貯める 

clear glass jar

 

まず、この1,000万円を貯める事から始まります。 

この金額は個人単位から考えると大きな金額です。 

その人の収入によって、努力量は異なってきます。 

一般的な会社員であれば普通に生活しているだけでは達成する事はできません。 

無駄な出費があると、なかなか達成する事ができない金額です。 

つまり、1,000万円の貯金をするためには節約をする一定の努力が必要になります。 

では、1,000万円を投資する事によってセミリタイアは可能なのか。 

 

 正直、難しいです。 

4%ルールを利用して、毎年4%の不労所得があると仮定した場合、毎年40万円程の不労所得となります。 

つまり、12ヶ月で割って、3万3000円程になります。 

毎月、3万円程で生活する事が難しいです。 

結果として、1,000万円だけでセミリタイアする事はできません。 

しかし、ここで落ち込む必要はありません。 

なぜなら、1,000万円はあくまでセミリタイアまでの道のりの途中だからです。

複利の力を使って1,000万円をさらに増やして行く事ができるからです。 

  

毎年100万円の追加投資をする 

Business newspaper article

 

しかし、まだまだ遠い道のりという事ではありません。 

シュミレーションをしてみました。 

年間100万円を貯金して、投資をするとします。

年間ですので、毎月8万円程を貯金しておけば達成する事ができます。 

最低限の生活をして、無駄をなくせば達成する事は容易な金額です。 

正直、普通に働かなくてもアルバイトでも達成する事ができます。 

そして、1,000万円から発生する配当金・分配金は全て再投資するとします。 

この条件で計算をしました。 

その結果、2,000万円になるまでに6年から7年かかります。 

貯金だけなら10年かかるところを3年から4年程が複利によって短くなっています。 

そのまま継続すれば3,000万円になるまでに11年から12年になります。 

貯金だけなら20年かかるところを8年から9年程が複利によって短くなっています。 

ちなみ、4,000万円なら15年から16年で14年から15年程短くなってきます。 

2,000万円から毎月もらえる不労所得は6万円から7万円です。 

東南アジアなどであれば十分に暮らせる金額です。 

3,000万円から毎月もらえる不労所得は10万円です。 

 この金額があれば十分です。 

趣味で仕事をするだけでも十分生活する事ができるレベルです。 

ここまで来る事ができればセミリタイアは達成する事は可能です。 

1,000万円の後からの労力は非常に小さいです。 

なぜなら、新卒の給料である20万円でも貯金額は半分だからです。 

残りの12万円は何に使っても問題ないからです。 

もちろん、その分も投資に回したらよりスピードが上がります。 

 

1,000万円あればゴールはすぐそこ 

landscape photography of trees

 

1,000万円を現在手元にあるのであればセミリタイアを達成はすぐそこなのです。 

なぜなら、そこまで行ったら後は複利を利用しながら高度な仕事はせずに楽な仕事をすれば良いのです。 

フルタイムのアルバイトでも実現する事は十分な金額です。 

正社員とアルバイトでは、外部からかけられるプレッシャーが違います。 

実際に、アルバイトで正社員のような悩みを持つ人はいないでしょう。 

もし持っているのであれば、すぐに職場を変えるべきです。 

アルバイトですから別に辞める事に抵抗などありません。 

この状態でも十分セミリタイアと呼ぶ事が出来ます。 

反対に、アルバイトに切り替えず、そのまま高収入を保って投資する金額を増やすとどうなるでしょうか。 

もちろん、セミリタイア達成の金額までより一層早く辿り着きます。 

達成した後は、仕事もやめて転職しても良いです。 

そのまま引退しても良いです。 

何をやっても良いのです。 

  

そんな夢のような状態になるには、まず「1,000万円」です。 

意外と、こんなモノです。 

そして、ここまで辿り着けば本格的にセミリタイアの準備に入る事が出来ます。  

 

Categories:

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


カテゴリー
About Martin

Study Abroad in the U.S.

本場の自由を知る。 

自由の国に住み、西洋の価値観に触れました。

今までの日本で培った価値観とは大きく異なったものに触れることにより、様々なことを学びました。

生まれ故郷の東洋の価値観と第二の故郷の西洋の価値観を混ぜ合わせる・組み合わせることによって、より良い自分になることを目的に活動しています。