副業ブーム 

 

selective focus photography of graph

 

労働からの収入だけで生活する事が難しくなりつつあります。 

そこで、副業を始める人が多くなりました。 

そして、本業と副業からスキルを身に付けることが出来るようになりました。 

そのスキルを利用して、さらに理想に近い仕事へステップアップする。 

今の時代は副業をしないという選択肢はないのです。 

世の中には、あらゆる副業に溢れています。 

時間がある時に手軽に出来るもの、毎日コツコツ続けなければならないもの、いつ成果が出るのかわからないものまで、様々な種類があります。 

その中で「FX」というものがあります。 

簡単にいうと外国の通貨を購入したり売却したりして利益を得るものです。 

FX会社というものが存在して、そこで口座を開設したら始める事出来ます。 

手軽に始める事が出来ます。 

今回は、「FX」というものがどのようなものなのかを解説していきます。 

 

仕組み 

 

construction frame

 

FXとは、英語では「 Foreign eXchange」の略称です。 

日本語では、通貨証拠金取引」や「外国為替保証金取引」と呼ばれます。 

小難しい名前ですが、簡単にいうと「2つの通貨を交換する取引を行い、利益を目指すもの」です。 

世界には様々な通貨が存在します。 

例えば、日本にいる私たちは日本円を使用しています。 

しかし、日本円をアメリカに持っていっても使用する事が出来ません。 

アメリカで使用するためには日本円をアメリカドルへ変更しなければなりません。 

この変更を利用して取引をするのが「FX」です。 

通貨は、常に価値が変化するからです。 

この変化を為替と呼びます。 

この為替は上昇と下落を日々繰り返します。 

例えば、日本円とアメリカドルで考えてみます。 

1ドル=100円の際に1,000円分のドルを購入したとします。 

つまり、10ドルを手に入れました。 

その後、しばらくすると1ドル=120円となりました。 

そのため、10ドルを日本円に戻しました。 

つまり、1,200円が手に入りました。 

元の1,000円から200円儲かった1,200円となりました。 

このように「差」を利用して取引をして利益を上げるわけです。 

これが「FX」の儲け方の基礎です。 

   

特徴 

 

calm body of water

 

FXは、単純に通貨を交換しているだけではありません。 

様々な独自のルールを採用して運営されています。 

その独自のルールが「証拠金」と呼ばれるものです。 

まず、FXの取引を始めるには口座が必要です。 

そして、その口座には中身が必要です。 

それが、この「証拠金」です。 

FXでは、この「証拠金」を資本にして取引をしていきます。 

なぜこのような面倒な「証拠金」という制度を採用しているのでしょうか。 

それは「レバレッジ」という制度を使用するためです。 

レバレッジとは、証拠金として預けた資金の何倍もの金額の外国為替取引が可能にする制度です。 

もし10,000円分を証拠金として口座に入れた場合で考えてみます。 

その際にレバレッジをかけることが出来ます。 

レバレッジ2倍を選択した場合、実際にFXで運用できる金額の証拠金の2倍の20,000円となります。 

国内では最大25倍までとなります。 

もしレバレッジ25倍をかけた場合、¥10,000 × 25 = ¥250,000 

1万円で25万円の運用をすることが出来るわけです。 

25万円として運用して利益が出た場合、その利益のまま証拠金へ入金されます。 

そのため、1万円のまま運用するよりも遥かに早く大きな利益を得ることが出来ます。 

反対に、損出が出た場合も、その損出のまま証拠金から支払いをしなければなりません。 

そのため、1万円のまま運用していたら、なくならなかったかもしれない元本を一瞬で失うかもしれません。 

このようにレバレッジという制度があるFXは「ハイリスク・ハイリターン」な取引をすることが出来ます。 

もちろん、レバレッジという制度を使用しなくても取引出来ます。 

その場合は、安全性が非常に高いため「ローリスク・ローリターン」になります。 

   

手数料 

 

concrete bridge over body of water

 

通貨の取引です。 

そのため、切っても切り離せないのが手数料です。 

一般的に旅行へ行く際などの通貨を交換すると手数料がかかります。 

FXの取引では通貨の変更が度々行われます。 

そのため、その度に高い手数料を取られていては損出を被る一方です。 

しかし、一般的にFXでは取引手数料は無料です。 

さらに、口座開設する際も口座を保有する際も無料です。 

唯一、FXにかかる手数料は買う際と売る際に生じる差となります。 

通貨を買う時の値段と売る時の値段は異なります。 

この差がFXの肝となります。 

この差をスプレッドと呼び、スプレッド分のコストも配慮して取引をしなければならないからです。 

ここでのコストはFX会社を選択する際に、一番気にしなければならないことです。 

なるべき、コストが低い会社を選択することをお勧めします。 

  

まとめ 

 

 

FXは土日を除く、平日24時間で取引することが出来ます。 

休日の間は出来ませんが、仕事が終わった後に副業として行えます。 

もちろん、オンラインで行われるため移動する必要などはありません。 

今すぐに始めるにはもってこいの副業です。 

しかし、基本的に「ハイリスク・ハイリターン」です。 

正しく理解していないと損失を出す可能性の方が圧倒的に高いです。 

そのため、しっかりと学んでから始めましょう。 

また、FXにはさらに様々なことがあります。 

今回だけでは紹介し切れていない内容が多々あります。 

それらの紹介もいずれしていければと思います。 

 

Categories:

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


カテゴリー
About Martin

Study Abroad in the U.S.

本場の自由を知る。 

自由の国に住み、西洋の価値観に触れました。

今までの日本で培った価値観とは大きく異なったものに触れることにより、様々なことを学びました。

生まれ故郷の東洋の価値観と第二の故郷の西洋の価値観を混ぜ合わせる・組み合わせることによって、より良い自分になることを目的に活動しています。