自由に生きたい 

woman spreading her arms

  

自由に生きるためには「お金」が必要です。 

「お金」さえあれば、あなたは自由に気ままに生きる事が出来ます。 

ちょっと聞こえは良くありませんが、紛れもない事実です。 

日本は経済大国と呼ばれています。 

実際、雇用も多いです。 

平均的な生活を出来ている人も発展途上国よりも多いです。 

決して、貧しい国ではありません。 

しかし、なぜか「貧しさ」を感じます。 

この「貧しさ」は日本人の心からやってくるモノだと思います。 

日本人の心は、他の誰かと同じように歩く事を望みます。 

むしろ、他者と等しい行動する事を正しいとされています。 

そのような中で、「本当の自由」は手にする事は出来ません。 

自由に生きなければあなたとして生まれてきた意味がありません。 

自由に生きるためにまず達成しなければならない【F.I.R.E】について解説していきます。 

 

F.I.R.Eとは 

man sitting on chair while holding camera

 

近日、アメリカで広まった発想です。 

「Financial Independence, Retire Early」の頭文字をとって「F.I.R.E」です。 

ちなみに読み方はそのまま「ファイアー」と同じです。 

簡単に意味を紹介します。 

「経済的に自立を達成して、若いうちに退職してしまう」という行為です。 

一般的にはいつか退職することになります。 

日本では60歳で定年できるらしいです。 

しかし、私たちの時にはいつになるかは分かりません。 

個人的には出来なくなると思っています。 

なぜなら、年金制度には限界があるからです。 

そして、少子高齢化社会は今後さらに深刻化していきます。 

いくら技術的な進歩の恩恵があっても使いこなせる人材も不足してくることは確実です。 

つまり、私たちの世代はそもそも自分の力で自立をしなければなりません。 

そのため、経済的自立達成は現代人には必須なのです。 

遅かれ早かれ経済的自立は達成しなければ、「死ぬまで貧しさ」との戦いになります。 

どうせ達成しなければならない目標です。 

それであれば、早いうちに達成して早い段階で楽しく自由に暮らし生きたいと考える方へおすすめの方法です。 

   

「F.I.R.E」達成のためにやるべきこと 

orange and white ceramic mug near green leaf plant with brown potted

 

達成する為には、大きく2つやることがあります 

  • お金を大切にする 

最も大切なことです。 

お金を大切にして下さい。 

お金を自分で稼ぐと達成感があります。 

自分で稼いだわけですから、自分のためだけに使うことが出来ます。 

若い世代には、この発想がとても強くあると思います。 

だからこそ、美味しいモノを食べたり、自分が好きなモノに使ってしまうのです。 

絶対に衝動に駆られてお金を無駄にしてはいけません。 

とにかく、自分で稼いだお金でも大切にすることを意識して下さい。 

 

  • 万が一の事態へのお金以外は投資に回す 

お金を大切にすることを理解した上で投資を始めます。 

投資というのは怪しいと感じる人もいるかと思います。 

世の中には、怪しい投資に溢れています。 

そのような投資には引っかからないように正しい投資先に投資をするようにしましょう。 

投資についての解説をした記事を下記に貼っておきます。 

投資について学びたいと思って頂けたら、是非読んでみて下さい。 

記事:投資とは

正しい投資先に投資をします。 

しかし、人生を生きていると何が起こるか分かりません。 

突然、事故に巻き込まれたり、病気になってしまったり、様々なことが起こるかもしれません。 

もちろん、起こらない事もあります。 

だからこそ、将来の不確定な事には対策をしておくようにしましょう。 

自分の送っている生活の中で、起こりうるリスクを考えてみて下さい。 

その起こりうるリスクに対応できるためのお金はいくらでしょうか。 

その金額は、確実に現金として持っていましょう。 

それ以外は、将来のために投資に回すようにしましょう。 

 

目標金額の設定する

black and white typewriter on green textile

 

投資する事は将来のためになります。 

しかし、一体いくら投資すれば良いのでしょうか。 

ゴールがないレースを走る事が一番辛く険しいです。 

ところが「F.I.R.E」なら、ある程度計算する事が出来ます。 

世の中には「4%ルール」というモノがあります。 

意味は、「持ち金の4%の資金で、一年間の生活費を賄う事ができれば貯蓄は30年以上持続させる事ができる事です。」 

つまり、あなたがもつお金の4%と一年分の生活費が同じ金額になれば経済的自立ができるわけです。 

これを利用して、いくら必要になるかを計算します。 

非常に簡単です。 

目標金額 =(あなたの1ヶ月の生活費 × 12)÷ 0.04 

例えば、必要最低限の生活が出来れば良いと考えている場合は生活費が大体10万円あればなんとかなると思います。 

(100,000 × 12)÷ 0.04 = 30,000,000 

つまり、経済的自立を達成するための金額は「3千万円」となります。 

実際、東京では絶対に足りません。 

しかし、これだけあれば東南アジアで富豪として過ごす事が出来ます。 

もちろん、経済的自立を達成したのですから日本でもどこでも働く必要などありません。 

 

まとめ

 

 

「労働こそ喜び」 

日本ならではの太古の発想です。 

仕事をしない人生なんて退屈だから「F.I.R.E」には興味がないという人もいると思います。 

全然、発送としては悪くはありません。 

「誰かの為に役に立っていたいから仕事したい」と私自身も思います。 

しかし、「F.I.R.E」したら仕事をしてはいけないのでしょうか。 

そんなルールはありません。 

仕事を続けても良いのです。 

むしろ、選択肢が広がると考える事が出来ます。 

ある程度の生活は仕事なしでも出来る様になります。 

だからこそ、お金の為の仕事をしなくても良いのです。 

つまり、自分が好きな事やお金にならない事を仕事としてやっても良いのです。 

だからこそ、いち早く経済的自立を達成して自由に生きていきましょう。 

その為に、日々前に進んでいきましょう。 

 

Categories:

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


カテゴリー
About Martin

Study Abroad in the U.S.

本場の自由を知る。 

自由の国に住み、西洋の価値観に触れました。

今までの日本で培った価値観とは大きく異なったものに触れることにより、様々なことを学びました。

生まれ故郷の東洋の価値観と第二の故郷の西洋の価値観を混ぜ合わせる・組み合わせることによって、より良い自分になることを目的に活動しています。