株価暴落

 

man's eye view of mansion

 

こんにちは、Martinです。

コロナの影響で株価がすごい勢いで暴落しました。

リーマンショック以来の暴落です。

しかし、リーマンショックとの違いは未だに暴落が終わったかがわからない事です。

実際、もう十分な程株価は落ちました。

ところが、世界経済は止まったままです。

そのため、さらに暴落したとしても何も不思議ではありません。

そのため、まだまだ不安な日々は続く事になるでしょう。

暴落した相場は、実は投資を始める絶好のチャンスです。

しかし、投資には知識が必要です。

だからこそ、ETFという投資方法を紹介したいと思います。

初心者にも簡単に始める事ができて、損失する可能性も低いです。

投資信託に、非常に似ている投資方法です。

前回、投資信託について解説させて頂きました。

下記に貼っておきますので、是非読んでみて下さい。

記事:投資信託とは、投資初心者の味方

非常に手堅い投資方法となっております。

しかも、そこまでの専門知識が必要ありません。

優良な投資信託に長期的に積み立てるだけで、将来大きな利益を望めます。

今回、ご紹介するのはETFと呼ばれる投資方法です。

こちらも非常に簡単に効率の良い投資方法です。

誰にでも、再現性が高いので明日からでもできます。

それでは、解説にいきましょう。

 

ETFとは

   

white and red wooden house beside grey framed magnifying glass

 

ETFとは、上場投資信託と呼ばれます。

Exchange Traded Fundの略称です。

証券取引所において、取引がされている投資信託のことです。

投資家から、資金を集めて専門家が運用をしていく方法となります。

さらに、上場していると誰でも金融商品を購入することができます。

ちなみに、上場していない金融商品は誰でも購入することができません。

そのような上場されている金融商品で構成されています。

運用方法は、投資信託とほとんど同じです。

金融市場の指数を目指して、運用を行います。

そのため、市場の成長率の恩恵を受ける事ができます。

さらに、連動する指数も株式だけでなく債権、REIT、通貨、コモディティなど様々な種類があります。

そのため、選択肢が投資信託よりも豊富です。

そのため、ただ単純にETFの投資を始めるのは投資信託よりも簡単になります。

 

  

メリット

 

mountain at daytime

 

  • 小額で分散投資ができます。

上場しているあらゆる銘柄を専門家が選び、運用をします。

もちろんは、たくさんの投資家から資金を集めて運用を行うため様々な銘柄で運用をします。

結果として、ETFに投資をしただけである程度の分散投資ができていることになります。

※分散投資をすると、リスクが低くなります。

  • 値動きを確認することができる。

ETFは一般的な株や債権のようにリアルタイムで価格が変動します。

さらに、ETFの種類によってコンセプトを持っています。

大体、特定の指数に連動するように運用されますので値動きを確認することは比較的容易となります。

  • 費用が安い

投資信託同様にコストがかかります。

しかし、比較的投資信託よりも低コストで行うことができます。

費用が異常に高いETFは優良ではありません。

最近の優良なETFは費用が高くありません。

ETFを購入する際に、一つの目安とすると良いでしょう。

 

デメリット

 

silhouette of wooden dock on sea during sunset

 

  • 分配金が自動的に再投資されない。

投資ですので、もちろん配当金や利息を受け取ることができます。

それを、さらに元本として何年も何年も時間をかけて大きくしていくのが投資です。

しかし、仕組みとして分配金や利息をそのまま受け取らずに元金として投資を続けるということができません。

もし分配金や利息を再び投資へ回したい場合は、自分で新しく購入する手間があります。

  • 一定額の積立ができない。

投資信託の場合は、投資をする金額は自分で選ぶことができます。そのため、毎月一定額を積み立てるということができます。

しかし、ETFの場合は投資する金額を自分で選ぶことができません。

なぜなら、一株辺りに対する価格がベースとなるからです。

そのため、堅実に毎月積立をしていく計画の場合はあまり適した方法とは言えません。

つまり、株式購入に近い形となっています。

 

まとめ

 

 

非常に投資信託に似ています。

実際、ほとんど一緒と言っても過言ではありません。

しかし、ETFの方がより簡単に始めることができます。

なぜなら、株式の様に商品として売買が出来るからです。

そして、リアルタイムで価格が変動するため売買も比較的簡単に行えます。

もちろん、欠点もありますが個人的にはあまり気にするようなことでないと考えております。

それよりも、圧倒的な安全性や信頼性があります。

これから投資を初めてみようと考えている方は是非、ここから初めてみると良いと思います。

確実な利益につなげることができる上、生きた経済を体感的に学べると思います。

 

Categories:

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


カテゴリー
About Martin

Study Abroad in the U.S.

本場の自由を知る。 

自由の国に住み、西洋の価値観に触れました。

今までの日本で培った価値観とは大きく異なったものに触れることにより、様々なことを学びました。

生まれ故郷の東洋の価値観と第二の故郷の西洋の価値観を混ぜ合わせる・組み合わせることによって、より良い自分になることを目的に活動しています。