借入とは 

 

person using laptop computer holding card

 

借入とは、そのままの意味でお金を借りるという事です。 

現代人は、無闇にお金を借りるべきではないと知っています。 

実際に昔に比べたら、人と人の間のお金のやり取りは少なくなったでしょう。 

しかし、私たちは至るところでお金を借りています。 

身近なモノは「クレジットカード」です。 

カードで支払いを行って、月末あたりで一気に精算するスタイルです。 

少しでも大きな買い物をする時は、確実にカード支払いをするでしょう。 

さらに現代ではキャッシュレスも主流になってきています。 

そのため、その場で現金を使って支払いをしている人は日々少なくなっています。 

しかし、なぜこのようなシステムを使用するのでしょうか。 

このシステムによってお会計の時間が短ったり、ポイントが付くからでしょうか。 

一般消費者の目線では、このようになります。 

しかし、その理由はこのシステムが立派な借入だからです。 

その恩恵を受けて私たちは豊かな経済で生活しています。 

実は、経済全体で見た時に借入は「革命」のようなシステムなのです。 

今回は、この借入というシステムによって私たちの経済がどのようになっていきたのかを解説していきます。 

  

そもそも経済とは 

 

closeup photo of American Express Business card on brown surface

 

経済は難しそうな印象を受ける人もいます。 

現代の経済は複雑を極めています。 

そのため、聞いただけで毛嫌いしてしまう人もいるのは事実です。 

しかし、本来の経済とは非常に単純なモノです。 

経済の主要人物はたった2人だけです。 

①買い手 

②売り手 

買い手が売り手から「欲しいモノやサービス」を受け取ります。 

そして、売り手は買い手から「現金」を受け取ります。 

売り手はその受け取ったお金を持って、買い手に変わります。 

その上で、自分が「欲しいモノ・サービス」を「現金」と交換するわけです。 

この交換の事を「取引」と言います。 

経済の中で、この「取引」を何度も何度も不特定多数で行われるのです。 

これが広い範囲で連続的に行われます。 

この取引が繰り返される場所こそ経済です。 

そして、ステレオタイプの経済です。 

しかし、問題があります。 

それは、このままでは「持っている現金の分」しか使う事が出来ないという点です。 

  

後で支払いをする 

 

person holding black and silver bicycle

 

手元にあるお金だけで購入する事が出来るモノは良いです。 

しかし、高価なモノになると手元の現金だけで購入する事が出来ません。 

例えば、住宅を購入する場合は何千万円という金額が妥当です。 

一方、現金で何千万円と持っている人はどのくらい存在するのでしょうか。 

ほんの数%という世界です。 

つまり、高価なモノと現金では大抵の場合は取引が成り立たないのです。 

そこで、借入という行動するをします。 

これによって取引を成立させるのです。

借入でも登場人物は2人です。 

①借りる人 

②貸す人 

貸す人は借りる人に「現金」を渡します。 

(普通は預金などにします。) 

そして、借りる人は貸す人と「契約」を結びます。 

契約には様々な種類がありますが普通は返済と呼ばれるモノです。 

返済する際に、支払うモノは「元本」と「利息」です。 

元本は、借りた金額そのモノです。 

利息とは、借りた金額に対して一定率で支払われる対価です。 

借りた人は、契約に則って「元本」と「利息」を一定期間をかけて返済していきます。 

   

借入の利点 

 

sailboats in ocean

 

利息の支払いをしなければなりません。 

普通に考えて余分に支払うという事になります。 

そのような事は誰もしたくありません。 

しかし、現在に借入が広く一般的に行われています。 

その理由は利点があるからです。 

借入をすると「購買力」が上がるからです。 

もしあなたが入社したばかりだったとします。 

もちろん、入社したばかりなので給料はありません。 

給料は入社して1ヶ月後に支払われるのが一般的です。 

つまり、入社してから1ヶ月間は現金がないため何も買う事が出来ません。 

これでは死んでしまいます。 

しかし、現代ではどうするでしょうか。 

クレジットカードを使います。 

入社したばかりなので銀行口座は「0」です。 

しかし、仕事をしているため1ヶ月後には給料が入ります。 

クレジットカードで普通にモノを購入して生活をして、給料が入ったところで支払いをします。 

クレジットカードで購入した際には銀行口座は「0」です。 

しかし、クレジットカードを使ってお金を借入をして買い物をする事が出来たわけです。 

このように将来に支払いの約束をして、本来購入できないモノを購入できるようにしたのが借入というシステムです。 

これによって私たちの「購買力」は大きく上げることが出来ます。 

その結果、取引が頻繁に行われるようになります。 

つまり、経済がさらに活性化するわけです。 

ここまで経済が大きく経済が成長できた大きな理由に借入の存在があります。 

  

まとめ 

 

 

借入をすると購買力が上がります。 

それによって、より多くの取引をする事ができます。 

非常に便利な制度です。 

しかし、諸刃の剣です。 

使いすぎによって破産した人も多々います。 

破産した人は信用を失います。 

失った信頼は取り戻すことが困難です。 

一度やってしまうと、もう2度と借入が出来ないかもしれません。 

借入が出来ないと購買力が周りに比べて大きく弱くなります。 

これは大きなハンデとなります。 

借入を上手く使いこなす事が出来れば大きな富を築くことが出来ます。 

なぜなら、ビジネスをする際にも借入は使われるからです。 

借入のシステムをしっかりと把握して正しく借入を使うようにしましょう。 

実際、借入を味方にすることが出来れば大きな成功が待っているからです。

 

   

Categories:

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


カテゴリー
About Martin

Study Abroad in the U.S.

本場の自由を知る。 

自由の国に住み、西洋の価値観に触れました。

今までの日本で培った価値観とは大きく異なったものに触れることにより、様々なことを学びました。

生まれ故郷の東洋の価値観と第二の故郷の西洋の価値観を混ぜ合わせる・組み合わせることによって、より良い自分になることを目的に活動しています。