世界各国で議論になる 

 

man speaking in front of crowd

   

世界中で新型コロナウイルスが拡大中です。 

政府の政策でロックダウンや自粛要請などを実行しました。 

実際に効果が出てきた頃合いです。 

その結果、緩和する動きになっています。 

しかし、緩和したことによって第二波とも呼べるように感染が拡大しています。 

つまり、今しばらく人類はパンデミックと直面し続けることになります。 

人間は仕事をしなければ生活出来ません。 

経済的な理由に明らかに犯罪率が増加しています。 

だからこそ、政府も緩和しざるおえなかったのは明白です。 

しかし、このままで良いのでしょうか。 

経済のために無情に人間の生命を失っていく現状は許されるのでしょうか。 

そんな中で、各国で「ベーシックインカム」という考え方が議論になっています。 

ベーシックインカムについて解説した記事を下記に貼っておきます。 

記事:今、日本が本当に必要なものはベーシックインカム

未知のウイルスの特効薬やワクチンはまだまだ先であると認識することが正しいでしょう。 

その対策により、経済を犠牲にしているのですが経済の犠牲になっている人がいることも事実です。 

そんな犠牲者を救うのがベーシックインカムかもしれません。 

  

仕事が不安定 

 

landscape photo of mountain under cloudy sky

 

どの国の人口をとっても仕事をしている人がいます。 

そんな人たちの多くは労働者です。 

企業などの組織に貢献することによって報酬を得ています。 

企業は永続的に成長し続けることが前提のため、そこで仕事をする労働者は安定的に収入を得ていました。 

しかし、今回の騒動で職を失った人や収入が激減した人が多くいます。 

そのような人はどのようになってしまったのでしょうか。 

個人差はありますが、少なからず生活が不自由になってしまっているのが現状です。 

今まで不自由がなかった生活から一変して生活に困るレベルになってしまったのです。 

今回は、収束がいつになるかが不確定です。 

つまり、この状況がしばらく続く可能性が大きいのです。 

そのような人たちは、この状況を脱する方法はあるのでしょうか。 

それがベーシックインカムです。 

ベーシックインカムは最低限の生活を補償してくれます。 

だから、今そのような人たちに必要なのはベーシックインカムなのです。 

そして、最低限の生活を失ってしまう可能性はどんな人にもあり得ることなのです。 

「AI」が発展すると人間の仕事を奪ってしまうと言われています。 

今、この瞬間にも「AI」は進化しています。 

近い将来あなたの仕事が「AI」に奪われて生活出来なくなってしまうかもしれません。 

それでは、私たちは生活することが出来なくなります。

だからこそ、今後生きていく私たちにはベーシックインカムが必要になってくるのです。 

  

給付制度がある 

 

man writing on paper

 

現状、ベーシックインカムの導入は難しいです。 

むしろ、そんなことをしなくても給付金を政府は用意しています。 

生活が難しくなった人だけ給付を受ければ効率が良い気がします。 

しかし、この給付で救われない人がたくさんいるのです。 

給付を受けるためには「申請」が必要なのです。 

政府は申請があった人に対してFAXなどを駆使して給付に当たるのです。 

申請ですから、もちろん基準があります。 

その基準を満たせば誰でも給付を受け取ることが出来るのです。 

しかし、本当に生活に困っている全ての人が給付を受けれるのでしょうか。 

おそらく、その中には申請が通らない人もいます。 

これらの人は隠れた生活に困った人です。 

結果として、そのような人たちは生活が出来ない状況にも関わらず政府に見捨てられてしまうのです。 

このようになってしまう理由は曖昧な制度があるからです。 

ベーシックインカムは年齢や所得に関係ありません。 

全ての国民の生活を守ってくれます。 

全ての国民が平等に最低限の生活が補償されるのです。 

もしコロナウイルスが収束しても、また次のウイルスが人類を襲うかもしれません。 

どんな外敵から身を守るためにベーシックインカムが必要なのです。 

  

国民には最低限の生活を送る権利があります

 

right arrow sign on wall

 

憲法第25条で最低限度の生活を送る権利を国民は有しています。 

そのため、最低限の生活が出来ない層のために数々の給付制度を作ってきました。 

しかし、時代の流れはとんでもなく早いのです。 

その時代に合わせてルールを作っても発令しなければなりません。 

しかし、ルールが運用され始めたときには時代遅れになっていたりします。 

人によって様々な状況があります。 

これは近年になって多様化が高まった結果です。 

結果として、現状の制度に当てはまらないような人たちがたくさんいるわけです。 

昔のルールに当てはまらないから給付しないというのはおかしな話です。 

しかし、もうルールでは救えない程多様化しているのです。 

これであれば、単純に全員に一定額を支給するベーシックインカムで対応する必要があります。 

誰もが最低限の生活は最低でも出来るようにベーシックインカムを導入しなければなりません。 

   

まとめ 

 

 

失業率と犯罪率には強い相互関係があります。 

全世界で失業率を上げています。 

失業率が上がると付随して犯罪率が上がります。 

コロナの影響で失業率は増えました。 

そして、犯罪率も増えました。 

このようになってしまう原因は確実に「収入」にあります。 

なぜなら、収入が十分であれば失業しても問題はないからです。 

ベーシックインカムがあればどうでしょうか。 

毎月支給されるでしょう。 

この支給額を使えば、最低限の生活を送ることが出来ます。 

この心の余裕は様々なポジティブなことに繋がります。 

現在と将来に不安をもつ、私たちにベーシックインカムはいずれ必要になることは間違いありません。  

 

Categories:

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


カテゴリー
About Martin

Study Abroad in the U.S.

本場の自由を知る。 

自由の国に住み、西洋の価値観に触れました。

今までの日本で培った価値観とは大きく異なったものに触れることにより、様々なことを学びました。

生まれ故郷の東洋の価値観と第二の故郷の西洋の価値観を混ぜ合わせる・組み合わせることによって、より良い自分になることを目的に活動しています。