日本食から離れたことはありますか?

  

sushi on plate

こんにちは。Martinです。

先日、急に下記のことを思い出しTweetしました。

食事。

これは素晴らしいです。

海外に住んでいると本当に「日本食」が恋しいとよく思います。

私の経験上、海外のあらゆることは克服できます。

主に、

  • 文化
  • 価値感
  • 語学

これらは、時間をかけてゆっくりと克服できます。

しかしながら、食事だけはいつまで経っても克服できませんでした。

その結果、毎日美味しいご飯が食べたいと悩むようになりました。

そこで、私なりに改善策を編み出しました。

2つあります。

私が実行したのは後者です。

それでは紹介させて頂きます。

自炊する

  

person cutting vegetables with knife

美味しいものがないのだから、自分で作る。

非常に論理的かつ再現性が高いです。

自炊の良い点は2つあります。

  • 好きなものが食べられる。
  • コストを抑えられる。

自分で作るわけですから、もちろんメニューは自分で決めることができます。

現代では、検索すれば大体のものがレシピがあります。

全くの料理初心者でも、材料さえ手に入れることができればなんとか自炊することができます。

材料は、地域によります。

手に入りやすい発展している都市もあります。

手には入りにくい田舎もあります。

しかし、現在はオンラインでも購入可能です。

少し割高にはなってしまいますが、全く手に入れることができないというわけではありません。

さらに、コスト面でもお得です。

海外も場所によりますが、西洋諸国は基本的に物価が高いです。

東京よりも物価が高い地域もざらにあります。

そのような場所で、毎食外食をするとなれば大きなコストがかかってしまいます。

しかし、自炊はコストを抑えることができます。

いくら材料費が高くなってしまうとはいえ、外食に比べたら圧倒的に安くすみます。

食事レベルをコントロールする

   

eight sliced pizza with Coca-Cola bottle beside

自炊が面倒な人もいると思います。

私自身、面倒だと今でも思っています。

さらに、私は留学している最中は寮に入っていたので食事は学校のカフェで食べていました。

そのため、自炊をする必要がありませんでした。

しかし、何を隠そう美味しいわけがないのです。

そこで、この食事レベルのコントロールを思い付きました。

例を上げます。

普段、一人暮らしをしているとします。

長期休みで実家に帰省しました。

そこで、久々に母の味を食べたとします。

これは、格別に美味しいです。

反対に、毎日実家暮らしをしているとします。

毎日食べているためありがたみがわかりづらいです。

そのため、格別に美味しいと感じることは少ないと思います。

つまり、普段の食事のレベルを落としていると本当に美味しいものを食べた時により感動を味わえるわけです。

これを利用します。

食堂で、一週間ほどサラダとピザをローテーションで食べ続けます。

(体調がおかしいと感じたら、絶対にやめて下さい。)

3日目くらいで本当に飽きてしまい、限界が近づきます。

挫けそうになりますが、そこを頑張るのです。

そして一週間経って、よくある普通の中華料理を食べます。

久々のサラダでもピザでもない食事です。

想像するよりも格別に美味しいと感じます。

このようにして、自分自身の味覚をコントロールすることができるのです。

まとめ

  

食事は非常に大切です。

至福の時間と言っても過言ではありません。

海外で暮らしていて外国人の味覚を見ていると正直、「日本人に生まれてよかったなぁ」と思うこともありました。

海外生活では、もちろんなかなか日本食を食べれる機会がありません。

(場所によります。)

そのための解決策は、自炊をすることです。

これが実際一番良い方法だと思います。

しかし、自炊をどうしても面倒と思ってしまう人がいます。

(私自身です。)

そのような人におすすめなのが、食事レベルのコントロールです。

美味しい・美味しくないは、自分の味覚で決まります。

レベルが高いとどうしても美味しいと感じるものが少なくなってしまいます。

そのため、レベルを意図的に落とす行動をします。

その結果、美味しいと思えるものの数が増えるのです。

是非、試してみて下さい。

尚、健康に一切気をつけていない行動となります。

それなりのリスクは付いてきますので、ご了承下さい。

実行している最中に、体調を崩すようなことがあってはいけませんのでできる範囲ないで行って下さい。

※上記の事柄において一切の責任は負いません。

Categories:

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


カテゴリー
About Martin

Study Abroad in the U.S.

本場の自由を知る。 

自由の国に住み、西洋の価値観に触れました。

今までの日本で培った価値観とは大きく異なったものに触れることにより、様々なことを学びました。

生まれ故郷の東洋の価値観と第二の故郷の西洋の価値観を混ぜ合わせる・組み合わせることによって、より良い自分になることを目的に活動しています。