失われた場所, ホール, 円柱状の, Pforphoto, 経過, 雰囲気, 工場, 古い, 崩壊

爆発的な感染の前に医療崩壊が起こる。

 

コロナウイルスが爆発的に世界で流行中です。

各国の政府が様々な対策をとっています。

日本も一世帯につき、マスクを2枚を配布するそうです。

ドイツでは数々の給付金を配っていたりします。

状況は刻一刻と悪化しています。

事実として、さらなる爆発的な感染が今後予想されています。

そんな中、新たな問題が各国を襲っています。

それは、「医療崩壊」です。

医療機関こそがコロナウイルス への最後の砦です。

その医療機関に危機が近づいてきています。

今回は、「医療崩壊」について解説していきます。

 

 

 

東京駅, 東京, 駅, 日本, 鉄道の駅, レンガ, 建物, 都会, ビジネス, 街, アンティーク, 観光

東京に迫る医療崩壊

 

東京・大阪などの都心に感染者拡大が目立ちます。

日々、新たな感染者が出てくるような毎日です。

現時点では、3桁には到達していません。

しかし、到達する可能性は十分にあります。

そんな中、感染者はもちろん医療機関へ行くことになります。

そこで治療に専念することになります。

しかし、医療機関には限界があります。

単純に考えると入院が出来る人数は、ベットがある個数です。

もちろん、要因はベット数だけではなく医療機器等があります。

日々、増加する感染者と医療機関の受け入れられる余力が現在では均衡状態にあります。

確かに、余力はまだ医療機関側にはあるのかもしれません。

しかし、限界は目の前です。

いつ「医療崩壊」が起こっても不思議ではありません。

実際、医療機関側からはこの懸念を露わにしています。

もし起こってしまったら、病院にいけなくなると考えて下さい。

未知のウイルスに病院なしで立ち向かうことは可能なのでしょうか。

 

 

 

タイムズ ・ スクエア, アメリカ, ニューヨーク, Ny, ニューヨーク市, 市, 5 番街

ニューヨークの現状

 

現状、コロナウイルス感染者数が一番多いのはアメリカです。

その中でも、ニューヨークが一番多いです。

ニューヨークはアメリカの中で最も都会と言っても過言ではありません。

人口はもちろん多いです。

そして、物理的な人間との距離が常に近いです。

コロナウイルスが大流行する理由である「3密」という状況が整っております。

結果、州での感染者は9万人を超えています。

そして、死者も2,300人以上になっています。

今、ニューヨークは「医療崩壊」が間近に迫っています。

全米看護師連盟は、現状に不満を覚えて抗議を唱えて始めています。

このままでは、医療が完全に止まってしまい「医療崩壊」となります。

恐ろしい事態になっているのです。

東京とニューヨークはよく似た性質を持っています。

むしろ、東京の方が危ないかもしれません。

人口密度が世界一高い都市はニューヨークではなく、東京です。

つまり、ニューヨークが東京を先行しているかもしれません。

簡単にいうと、東京がニューヨークと同じ状況もしくはさらに悪化した状況へなる可能性があるということです。

今後、東京はニューヨークのような状態になっていく可能性は十分にあり得ます。

 

ニューヨーク, 市, アメリカ, 超高層ビル, 高層ビル, スカイライン, 建物, ファサード

崩壊を防ぐ術

 

直近の東京の課題は「医療崩壊」を防ぐことにあります。

これを防ぐための方針を明確にしていかなければなりません。

一つ、崩壊を防ぐための方針として「症状の重度によって分ける方針」が発表されました。

現状では、3つの部類に分けられることになりました。

限度がある医療機関のスペースを重度が高い感染者に優先的に使用させるようにします。

そして、重症度が高くない感染者は医療機関の負担にならない場所に送られるようにします。

つまり、最低限の隔離が十分に出来る場所へ移動してもらうことです。

そのためには、隔離が出来る十分なスペースを確保する必要があります。

現状、優良なホテルなどが協力を始めたところです。

しかし、決定的な解決策になるには協力だけでは不十分です。

そのために、スペースを強制使用できる必要が出てくるのは確かです。

現代では、これを可能にする法律は「緊急事態宣言」のみです。

コロナウイルス騒動の終息には直接繋がるということはないかもしれませんが、「医療崩壊」を防ぐには大きな力を発揮します。

そのため、現場で戦っている医師たちが今「緊急事態宣言」を要請しているのです。

 

まとめ

 

コロナウイルスが大流行し、世界中の生活が一変しました。

一切、外出をすることなく仕事をする方法などが推奨されるようになっています。

しかしながら、現状の生活は長い歴史の中でも始めての出来事です。

当然ながら、慣れてるわけがありません。

結果として、経済にも悪影響が出ているのは事実です。

それでも、人類は生命を守るために進んでいます。

コロナウイルスと全人類の全面戦争が今なのです。

今、人類は「医療崩壊」という問題の渦の中にいます。

もちろん、コロナウイルスとの戦いの最後の砦は医療です。

すでに、そこにも攻撃が始まっています。

この砦が崩れてしまった世界を想像するだけでも悪夢です。

だからこそ、戦わなければなりません。

一人ひとりの力は確かに強くありません。

しかし、団結しなければ敗北してしまいます。

まず、自分がやれることに徹しましょう。

Categories:

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


カテゴリー
About Martin

Study Abroad in the U.S.

本場の自由を知る。 

自由の国に住み、西洋の価値観に触れました。

今までの日本で培った価値観とは大きく異なったものに触れることにより、様々なことを学びました。

生まれ故郷の東洋の価値観と第二の故郷の西洋の価値観を混ぜ合わせる・組み合わせることによって、より良い自分になることを目的に活動しています。