道路標識, 注意してください, 方向, 可能, 機会, 代替, 意思決定, Counter Model

心理学者、三大巨頭。

フロイト、ユング、そしてアドラーです。

大学で心理学を受講した際に、フロイトとユングについては学びました、

大学で心理学を受講した際に、フロイトとユングについては学びました、

しかし、アドラーに関しては飛ばしていたと思います。

そこで、アドラーについて学んでみました。

(結構、前のことですか。。。)

結論、現代を生きる人のための西洋的思考の心理学と考えました。

「自由」に生きていくには非常に重要な考え方と思います。

それでは解説をしていきます。

 

原因論ではなく、目的論

 

人が「行動」をするには、必ず「原因」が必要という考え方があります。

これを「原因論」と呼びます。

例えば、経験と呼ばれるものです。

過去に、数々の経験をしてきました。

そこで、それらの経験を活かして新しい挑戦をする。

そういって、独立や起業をしている人がたくさんいます。

経験があるから、挑戦という「行動」を取ることできたという考え方です。

しかし、この考え方は間違っているのです。

なぜなら、「原因」がなくても人間は「行動」をすることができます。

そのため、「行動」するために必要なものは「目的」とアドラーは考えました。

この考え方を「目的論」と呼びます。

先ほどの例を目的論に当てはめてみます。

独立や起業という新しい挑戦をしたいと考えて、実際に「行動」する。

こちらの方がしっくりくるのではないでしょうか。

新しい挑戦という「目的」があるための「行動」が生まれます。

揺らぐ事がない決意となります。

つまり強いのです。

そのため、原因論ではなく目的論が正しいとアドラーは言います。

自分の事だけやれば良い

 

全ての悩みは対人関係にあります。

人生で様々な事に悩んできましたが、全て対人関係でした。

上司や先輩からの評価を気にしたり、友達に嫌われていないか心配したり、恋人に捨てられないか考えたり等、様々な事があると思います。

全部、対人関係です。

違うと思った方は、対象の物事について深く考えてみて下さい。

例えば、「お金の悩み」だって社会があるから成り立つものです。

社会がなかったら、お金なんか誰も使いません。

そのため、対人関係になります。

そこで解決策をアドラーは提示してくれています。

それは「課題の分離」をする事です。

分け方は非常にシンプルです。

  • 自分の課題
  • 人の課題

自分の課題だけをやれば良いです。

人の課題は一切やってはいけません。

人の課題をやると相手から認められます。

これを承認と呼びます。

実際に誰かから承認されると嬉しいものです。

これを「承認欲求」と呼びます。

これこそが落とし穴なのです。

相手から認められるためにあなたは行動ができます。

しかし、あなたを認めるのはあなたではなく相手です。

相手の事は完全にコントロールする事ができません。

コントロールできないものには触らない方が良いのです。

どんだけ努力しても絶対に認めてくれない相手はいます。

「いつかきっと認めてくれる」と信じて頑張っていませんか。

認められたところで意味なんてありません。

正しいあなたが消耗していきます。

今すぐ、承認欲求を捨てましょう。

そうすれば、あなたは「自由」になれます。

 

仲間への貢献こそが、幸せ

 

「共同体感覚」と呼ばれるものがあります。

その意味は、人間同士がお互い支え合っている仲間であると考える感覚です。

支え合っている状態である事が重要です。

先ほど、課題の分離ができていないとどちらかが依存度が高い状態です。

つまり、片方が消耗してもう片方が得をするということになります。

Win-Winではないということです。

この状態で支え合っていると呼べるでしょうか。

もちろん、呼ぶことはできません。

 では、「共同体感覚」を身に付けるにはどうすれば良いのでしょうか。

  1. 自分を受け入れる。
  2. 他者を信頼する。
  3. 他者へ貢献する。

この順番を守って行動すれば良いのです。

まずは、自分自身の存在を受け入れましょう。

誰かに認められるのではなく、自分自身が自分を認めてあげるのです。

これによって「自立」が出来ます。

次に、他者を信頼しましょう。

とりあえず信頼します。

すると、裏切ってくる愚かな人が現れます。

しかし、裏切るのは相手の課題です。

そのため、その課題に介入してはいけません。

その結果、その相手はあなたの前から消えます。

このように行動すると、いつの間にかあなたの周りには信頼している人のみ残ります。

最後にあなたの周りに残っている人達に貢献するのです。

このようにして「共同体感覚」を養っていくのです。

そして、これこそが「幸せ」です。

 

まとめ

 

学んでみて非常に西洋的な心理学であると思いました。

西洋人はあまり周りを気にしません。

自分らしくいることに非常に大きな価値をおいています。

結果として、彼らは自由に生きることが出来ているのです。

一方、東洋人は周りを気にして生きています。

確かに気にしない人はいますが、そういう人は周りから陰口叩かれます。

東洋人のみんなはその陰口が嫌です。

そのため、周りに嫌われないように気にして生きていくのです。

本当におバカですね。

そんな人生で幸せになることが出来るわけがありません。

陰口叩くのは相手の課題です。

最終的に損をするのは、陰口を叩いた人自身です。

叩かれたあなたは何も痛い目に合いません。

そんな幼稚な相手はほっておきましょう。

幼稚な相手からは、嫌われましょう。

あなたの人生は今から変えることが出来ます。 

 

Categories:

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


カテゴリー
About Martin

Study Abroad in the U.S.

本場の自由を知る。 

自由の国に住み、西洋の価値観に触れました。

今までの日本で培った価値観とは大きく異なったものに触れることにより、様々なことを学びました。

生まれ故郷の東洋の価値観と第二の故郷の西洋の価値観を混ぜ合わせる・組み合わせることによって、より良い自分になることを目的に活動しています。