期限, ストップウォッチ, クロック, 時間, 圧力, 時計, タイマー, 速度, 開始, 停止

猛威のウイルス

 

毎日、これ以外のニュースがほぼないと言っても過言ではありません。

常にトップニュースとなっています。

今振り返ると今年の最初と現在ではずいぶんコロナウイルスに対しても印象が異なります。

確かに、最初からマスクが売り切れるような事態になっていました。

しかし、感染者の数から犠牲者の数、犠牲者の年齢から見てもずいぶん変わってきています。

恐ろしいウイルスです。

不安が大きくなるだけで見通しがつかないのが現状です。

決して、不安を煽るわけではありません。

しかし、非常に危険な未知のウイルスです。

未だに治療法は見つかっていません。

常に自分ごとに考えて自分が出来るだけの事に努力はしましょう。

そんな中で、「緊急事態宣言」が出されるか出されないかの議論も出てきています。

今回は、「緊急事態宣言」についてまとめていきます。

 

分離, 医師, 歯科医, 歯科医療, 矯正歯科矯正歯科, 歯科, 医院, 経口, 衛生, 男, 医療

現状では「緊急事態宣言」の発令は否定

 

一時、ネット上で「緊急事態宣言」の噂が流れていました。

元々が、どこからの情報なのかはわかりません。

これはデマです。

政府の口からきっぱりと発表されました。

政治の見解では「緊急事態宣言を発令する事態にはなっていない」とのことです。

もちろん、「実施するための手続き」にも入っていない

このような判断になっています。

もちろん、この判断は政府が勝手に決めたものではありません。

しっかり専門家の意見を加味した上でのものです。

まずは、この事実を受け止めることが重要です。

その上で、「緊急事態宣言」とは何かを考えてみましょう。

 

砂時計, クロック, 時間, 期間, 慌ただしさ, 急いで, 分, 後半, 秒, 年齢, はかなさ

緊急事態宣言とは

 

2012年に成立したものです。

それ以前に新型インフルエンザが大流行しました。

当時の混乱から、今後の新感染症などに対抗するために制定されました。

こちらの宣言は首相からされるものとなっております。

「基本的対処方針当諮問委員会」という専門家の委員会があります。

首相が、そこで相談をして宣言をするかを検討します。

宣言を実施に踏み切った場合、「区間」と「期間」を定めて宣言をします。

結果として、その区間とその期間が適応されることになります。

宣言の対象になった場合どのようなことになるのか。

  • 外出自粛要請
  • 学校や保育所などの使用停止や制限の要請
  • 医薬品・食料品などの保管命令
  • 運送業者に緊急部試飲の輸送を要請・指示
  • 臨時の医療施設用の土地、建物の強制使用

主に上記のことを政府が行えるようになります。

あらゆる行動を法を基に政府が介入出来る状態になります。

もちろん、最初に設定された「期間」というものがあります。

期間中のみ適応される法律です。

間違っても今後ずっと続くと勘違いしてはいけません。

 

洪水, 水, 通り, 災害, 緊急, 車, インド

宣言がされる条件

 

では、どのようになったら宣言されるのでしょうか。

そもそも、騒ぎになるまでこの宣言の名前を知っていた人がいるでしょうか。

おそらくですが、大多数が知っていたということはないでしょう。

そこで宣言をされる基準が気掛かりとなります。

基準が明確になっております。

主な条件は2つあります。

  • 国民の生命や健康に著しく重大な被害を与える恐れがある。
  • 全国的かつ急速な蔓延により、国民の生活と経済に多大な影響を及ぼす恐れがある。

上記の2点を「首相と基本的対処方針当諮問委員会」で判断を行います。

実際に、今回の騒動には当てはまっているような印象を受けます。

そのために噂が流れてしまったのでないでしょうか。

現時点では、上記には当てはまっていないというのが政府の見解です。

つまり、これに当てはまったと政府が判断した場合のみやむ得なく宣言をするということです。

 

 

まとめ

 

現在、世論では「なぜ宣言をしないのか」と政府をバッシングしている人もいます。

確かに、いつ出てもおかしくない状況ではあります。

そして、おそらく今よりも人間の外出を制限することが出来るため感染のリスクを減らすことが出来るでしょう。

しかし、この宣言はあくまで「要請」というものです。

もちろん、一部強制が出来ます。

しかし、諸外国のように取締るような行為は日本では出来ません。

そのため、外出という危険行為も引き続き行うことは出来てしまいます。

この点を踏まえるとやはり絶大な効果を得ることは難しいかもしれません。

結果として、「自分の安全を守るのは自分であることをしっかりと認識することの方が重要」だと思います。

私自身は政府を批判するつもりはありません。

何かしらの事情があるのかもしれません。

ただ、外的要素である政府に望みを託すのではなく、あくまで「自分」を制御することを心掛けましょう。

Categories:

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


カテゴリー
About Martin

Study Abroad in the U.S.

本場の自由を知る。 

自由の国に住み、西洋の価値観に触れました。

今までの日本で培った価値観とは大きく異なったものに触れることにより、様々なことを学びました。

生まれ故郷の東洋の価値観と第二の故郷の西洋の価値観を混ぜ合わせる・組み合わせることによって、より良い自分になることを目的に活動しています。