電卓, 計算, 保険, ファイナンス, 会計, ペン, 投資, オフィス, 仕事, 税金

簿記とはどのように行われるのか。

 

簿記とは、「お金」の記録・計算・整理をする行為です。

「お金」がビジネスの中心です。

そのビジネスの状況を把握することを目的にします。

簿記の概要を紹介した記事を書きました。

下記にリンクを貼っておきます。是非、読んでみて下さい。

記事:現代こそ、簿記を学ぶ時代。

ビジネスは、長期間的に行っていきます。

期間限定の企業などは基本ありません。

そのビジネスを把握するためにやるのが簿記です。

したがって、簿記も長期的に行っていきます。

さらに、簿記にはもう一点大きな特徴があります。

それは、ルールです。

いくつかルールが国によって異なりますが、基本的に世界的に同じルールを使用しています。

つまり、簿記を理解したら世界中のあらゆるビジネスの理解をすることができるようになります。

今回は、簿記のざっくりとした種類を紹介します。

その後、この種類を学ぶことでどのように実際のビジネスに活かすかを紹介します。

それでは、参りましょう。

取引の2面性

 

簿記は、大きく分けて2種類あります。

それは、単式簿記と複式簿記です。

これを説明するために2つ例を上げます。

まず、5,000円持っていると仮定します。

例1:「本を3,000円で購入した」

本屋さんに行って普通に購入したイメージです。

例2:「本を2,000円で売却した」

先ほど買った本をメルカリで売ったイメージです。

よくある話だと思います。

これらの例を単式簿記と複式簿記に分けて説明します。

単式簿記

 

非常に簡単なものです。

ほとんど家計簿と同じイメージです。

例1から分かることは、「お金の支払い」をしたことです。

そのため、「3,000円を支払いした」となります。

例2から分かることは、「お金を受け取り」をしたことです。

そのため、「2,000円を受け取った」となります。

もともと、5,000円持っていました。

3,000円支払ったので、2,000円になりました。

そして、2,000円で売れました。

結果、所持金残高は4,000円となります。

このように、お金の動きを記帳することが単式簿記です。

複式簿記

 

一般的にいう簿記は、この複式簿記を指します。

この簿記の特徴は、「取引の2面性」に着目することです。

実は、2つの例の取引には単式簿記では無視していた部分があります。

それは、「お金」の動き以外の動きです。

それでは、複式簿記の観点で例をみていきましょう。

所持金は5,000円です。

例1で「本を購入しました。」

実は、この文には2つの動きが隠れています。

1つ目は、単式簿記と一緒の「お金を支払った」ということです。

もう一つは、「本が自分のものになった」ということです。

つまり、お金がなくなって本を手に入れたのです。

例2の「本を売却した」という事例も2つの動きがあります。

1つ目は、同様に「お金を受け取った」ということです。

2つ目は、「自分のものだった本がなくなった」ということです。

つまり、お金を得る代わりに本を失ったのです。

では、所持金残高はどうなるかというと4,000円になります。

同じ結果になりましたが、情報量が圧倒的に変わってきます。

原因と結果

 

もちろん、ビジネスでは複式簿記を必ず使います。

ここで培われるスキルは、原因と結果を見極めることができるスキルです。

物事には、必ず原因と結果があります。

しかし、日常生活をしていると当たり前過ぎて見逃してしまいます。

例で考えてみましょう。

例1では、「本を買う」という原因があります。

もっと言ってしまうと「本が欲しいという欲求」があると分かります。

その結果が「お金の支払い」です。

もちろん、「本を買う(原因)」がなければ「お金の支払い(結果)」はありません。

このように世の中には、原因があって結果に繋がります。

全てのビジネスは、この原因と結果の因果関係の上に成り立っています。

原因がない社会では、ビジネスは成り立ちません。

そのため、この原因を見極めて結果を見つけるスキルは非常に重要です。

その際に、簿記を学ぶと養うことができます。

まとめ

 

簿記の種類について解説をしました。

「お金の動き」を追っていく簿記を単式簿記と呼びます。

取引の2面性を活かして、「原因」と「結果」に分ける簿記を複式簿記と呼びます。

「結果」が「お金の動き」となります。

物事には2面性があります。

一般的には片方は見る場合はあるが両方見ることはないと思います。

しかし、物事がもつ2面性を見るとあらゆることが分かります。

それは、物事の本質です。

ビジネスを成功させるには、物事の本質を理解しなければなりません。

簿記で培うこのスキルは、非常に役に立ちます。

 

Comment

簿記というスキルは単体では何も役に立ちません。

なぜなら割と誰でも持っているスキルだからです。

そのため、もし資格を持っていようと役に立たない場合もあります。

しかし、あなたが持っているスキルと掛け算をするときっとすごい力を発揮します。

これからも、簿記について投稿していきます。

もし今後も読んでみたいと思っていただけましたら、是非下記のSNSをフォローして下さい。

新記事を投稿する度に通知を送らせて頂きます。

最後まで読んで頂きましてありがとうございました。

Categories:

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


カテゴリー
About Martin

Study Abroad in the U.S.

本場の自由を知る。 

自由の国に住み、西洋の価値観に触れました。

今までの日本で培った価値観とは大きく異なったものに触れることにより、様々なことを学びました。

生まれ故郷の東洋の価値観と第二の故郷の西洋の価値観を混ぜ合わせる・組み合わせることによって、より良い自分になることを目的に活動しています。