税, フォーム, 収入, ビジネス, 書類, ファイナンス, ドキュメント, 会計, オフィス, 課税

簿記は、ビジネスの言葉です。

ビジネスの理解度を深めるためには簿記の知識が不可欠です。

簿記にちょっとでも興味がある方は概要を記事にしました。

下記に貼っておくので、是非読んでみて下さい。

記事:現代こそ、簿記を学ぶ時代。

今回は、簿記を使っての業務について解説していきます。

イメージとしては、企業の経理部がどのような事をしているかです。

私自身、財務・経理部に所属して日常的に行ってるものです。

考え方を学ぶ面でも是非読んでみて下さい。

では、早速参ります。

毎日業務

 

ビジネスは短期間ではありません。

長期間での活動になります。

その活動の中で行われる取引を記録・計算・整理をします。

これを毎日繰り返します。

実際にやる内容を紹介します。

  • 受注・出荷・売上の管理
  • 現金残高の管理
  • 経費の精算
  • 取引先のリストの管理

この辺りを毎日行っていきます。

企業の生命線となる「お金」の動きを日々漏れなく正しく動いているかを管理する仕事です。

日々、繰り返し行う事で「お金」の動きの法則性などを感覚的に身に着ける事ができます。

そして、業務の改善や問題点の発見などに繋げる事ができます。

つまり、簿記の日常業務は「日々のお金の動きを管理する」という事です。

月次・年次業務

 

簿記の仕事には、毎日行うもの以外にも月次と年次で行うものがあります。

簡単に言うと、月一回の業務と年一回の業務です。

こちらの業務は、決算業務と呼ばれます。

毎日の業務の中で様々な管理を行います。

しかし、それを見返す際に整理ができていないと見返すだけでも大変です。

欲しい情報を探すだけで時間がかかってしまいます。

そのために月次または年次で決算をします。

決算を簡単に言うと、毎日やってきた業務の集計です。

集計をした際に、月ごとにまとめる事を月次決算となります。

そして、年ごとにまとめる事が年次決算となります。

このようにまとめる事で、誰にでも経営業況や財務状況を簡単に知らせる事ができます。

これが、月次業務と年次業務の目的です。

ビジネスを改善していく上で比較は重要

 

ここからは、簿記の知識を活かしてビジネスをする方法を解説します。

ビジネスを良くするには分析をする必要があります。

分析の方法はたくさんありますが、一番簡単にできる方法は比較です。

例を上げて説明していきます。

もし3月の売上が少なかったとします。

この時、「少なかった」は何で判断したのでしょうか。

日常的に簿記の業務をやっていたら、受注の計算がいつもより早く終わったなどがあります。

しかし、普段は別の業務をやっていたら気が付きません。

したがって、比較をします。

2月と比較して少なくなったとします。

2月と比べて何%売上が落ちているのか。

このように考えていくと、「少なくなった理由」を突き止めることができます。

  • 理由が季節的なものなのか。
  • 期間中に何かビジネスに大きな影響を与えることがあったのか。
  • そもそも問題がなく、売上が下がっただけなのか。

理由はこれだけではありません。

様々なことが理由になります。

どこまで詳しい詳細を簿記のデータを持ってくるにはもちろん比較だけでは足りません。

方程式を使った方や統計学を使った方法もあります。

その中でも、比較は簡単な方法です。

さらに正確な方法でもあります。

ビジネスの分析をしたい時は、まずは比較からやっていきましょう。

まとめ

 

今回は、簿記を使って日々どのような業務が行われているかを解説しました。

毎日コツコツとビジネスの取引を管理するが毎日業務です。

あらゆる取引を記録・計算・整理をしていきます。

月に一回または年に一回に行われるのが月次業務と年次業務です。

毎日業務でコツコツ積み重ねてきたものを集計します。

その際に、月ベースのデータと年ベースのデータを作成します。

こちらのデータは整理整頓されているため、誰がみてもビジネスの経営状況や財務状況を理解することができます。

そこでの問題点を多くの人で共有することができます。

そして、簿記の知識を活かすために必要なのが比較を行うという事です。

作成されたデータは、簿記の知識があれば理解する事ができます。

その理解を基に分析を行います。

その結果、ビジネスの改善点や問題点を発見できます。

その際に、最も簡単で正確な方法が比較です。

是非、試してみてもらいたいです。

Comment

簿記を使って分析をしていくと様々な事がわかってきます。

実は今後のビジネスがどうなっていくかも予測できるようにもなります。

数字をみてこれはまずいなって感じたり、反対にこれは良いぞっと感じれるようになります。

これがわかってくると投資や資産運用などにも役立ちます。

そのため、是非簿記を一度学んでみて下さい。

今後も簿記についての投稿をしていきます。

その他にも、たくさんの事を発信していきますので面白いと思って頂けましたら下記のSNSのフォローをお願い致します。

これからもどうぞよろしくお願い致します。

Categories:

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


カテゴリー
About Martin

Study Abroad in the U.S.

本場の自由を知る。 

自由の国に住み、西洋の価値観に触れました。

今までの日本で培った価値観とは大きく異なったものに触れることにより、様々なことを学びました。

生まれ故郷の東洋の価値観と第二の故郷の西洋の価値観を混ぜ合わせる・組み合わせることによって、より良い自分になることを目的に活動しています。