architectural photography of brown building

輝かしい留学の裏側

 

「映画で観るような広大なキャンパス」

「たくさんの友人にかこまれて、週末は思いっきり遊ぶ」

留学する前には、様々な想像が膨らみます。

眩しいほど輝いているのが留学です。

しかし、そんなに世の中に甘くありません。

異国で生活することは、非常に大変なことです。

日本にいれば、味わう必要がなかった苦労がたくさんあります。

様々な壁にぶつかって、「心」が疲れてしまいます。

結果、途中で帰りたくなってしまいます。

しかし、一度立ち止まってよく考えてみて欲しいです。

帰国はいつでも出来ます。

まだ、その選択をするのは早いです。

「留学を途中でやめる」という選択肢とはどのようなモノなのか。

「留学を続けるべきかやめるべきか」を判断する基準を紹介します。 

 

留学したいと考えた原点を見つめる。

person on forest

 

留学を決意した理由は何だったでしょうか。

人によって様々な理由があります。

「海外のキャンパスライフを謳歌したかった。」

「海外でしか学べないことを学びたかった。」

「長期間、海外へ住んでみたかった。」

留学をしたからには、必ずきっかけがあったと思います。

そのきっかけは、学校にいけなければならないのでしょうか。

正直、留学は費用もかかります。

さらに、卒業するのも困難です。

そこで、自問自答して欲しいことは、

「あなたが海外を志したきっかけに、留学は必須なのでしょうか。」

ここで、必須だった場合は続けるしかありません。

反対に、別に留学じゃなくてもよかった場合はまだ間に合います。

引き返しても良いと思います。

海外の学校は非常に柔軟です。

数年後に学びたくなったら戻ってくることも出来ます。

そのため、失うモノは何もありません。

だからこそ、自分が100%留学に打ち込める心構えが現状ないのであれば、「やめても」「中断しても」良いでしょう。

  

成績が保てない。

black and gray laptop computer beside book

 

海外の学校は、日本とは違います。

桁違いに勉強しなければなりません。

現地の学生も勉強することなく卒業まで辿り着くは出来ません。

そんな中、留学生には大きなハンデがあります。

それは言語です。

母国ではない言語で学ぶことは非常に難しいです。

結果として、成績を保つことが困難です。

さらに、成績が悪いと自動的に退学になります。

苦労して、入学しても退学が背後に迫ってきます。

正直、大きなストレスです。

ここに敗れて、退学になって強制送還されてしまう留学生もたくさんいます。

(私の留学先でも毎学期ごとに消えていく留学生がいました。)

確かに、成績を保つことは非常に難しいです。

現地人より何倍も努力をしなければ成し遂げることが出来ません。

しかし、一定の成績であれば確実に保つことが出来ます。

留学先の教育機関によりますが、実力だけを評価して成績をつけるわけではありません。

「絶対にやってやる」と言う意志さえあれば成し遂げられるのが留学です。

「しっかりとやれば必ず単位は取得できて、卒業まで辿り着きます。」

これは事実です。

しかし、成し遂げるには本気でこれを信じて行動しなければなりません。

むしろ、これが出来たら絶対に卒業出来ます。

こうすれば、あなたの留学が途中で終わることはありえません。

 

目標はあるでしょうか。

man performing wall climbing under clear sky

 

最初にも書きましたが、留学を志したからにはきっかけがあります。

そのきっかけは始まりです。

そこから、様々なことを考えていくと「目標」に辿り着きます。

理想とする自分の姿が目標です。

そのために、継続的に一生懸命努力しましょう。

しかし、最初から目標を持っていなければいけないわけではありません。

留学の利点は、その目標探しがゆっくり出来ることです。

あらゆるモノから解放されて海外の地に降り立ちました。

残っているモノは、「あなた自身」です。

今までになかった程、自分を見つめ直すことが出来ます。

そんな中で、自分がやりたいことが必ず見えてきます。

それがあなたの目標になります。

目標のために最善の選択をとりましょう。

もちろん、見えてきた目標に学校である必要がなかったらやめたって良いんです。

また、戻りたくなったら戻れば良いだけの話なのです。 

 

まとめ

 

留学をすると挫折がやってきます。

しかし、努力をすれば必ず乗り越えることが出来ます。

つまり、一生懸命やれば留学は確実に上手くいきます。

さらに、留学中には様々な事が学べます。

自分の価値観が大きく変わるかもしれません。

そして、本当に自分が達成したい目標が見えるかもしれません。

その目標について本気で考えて下さい。

時に、目標のためには留学をやめて途中で帰らなければならないかもしれません。

これは、「逃げる」ではありません。

むしろ、「挑戦」です。

是非、挑戦を選んで頂きたいです。

そして、海外の学校は柔軟で自由です。

また学校に戻って、再スタートすることが出来ます。

それを理解した上で、「途中で帰る」という選択するのは素晴らしいです。

反対に、それ以外であればもう一度じっくりと最初から考えてみるべきだと思います。

 

Categories:

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


カテゴリー
About Martin

Study Abroad in the U.S.

本場の自由を知る。 

自由の国に住み、西洋の価値観に触れました。

今までの日本で培った価値観とは大きく異なったものに触れることにより、様々なことを学びました。

生まれ故郷の東洋の価値観と第二の故郷の西洋の価値観を混ぜ合わせる・組み合わせることによって、より良い自分になることを目的に活動しています。