コーヒー ショップ, コーヒー, 記号, カフェ, エスプレッソ, ブラウン, カフェイン, テクスチャ

異文化へ飛び込む

 

憧れの海外生活。

しかし、実際にやってみると上手くいかないことの連続です。

もし海外生活が初めてである場合、言語の面からスタートすることになります。

最初は、何もできません。

何かを伝えたくても、なかなか伝えることができません。

これは、なかなか大きなストレスです。

しかし、時間をかけて努力を積み重ねればいずれ解決されます。

そのため、このような面は気にする必要はありません。

問題は、自分自身ではどうすることもできないストレスです。

今回は、海外生活を始めると陥るストレスについて解説していきます。

いくつか紹介させて頂きますが、簡単なものから順番に解説します。

最終的には、解決策を伝授したいと思います。

それでは、参りましょう。

 

利便性

 

日本は、非常に利便性に特化した国家です。

実際にずっと住んでいるとあまり感じませんが、便利なモノで溢れています。

移動手段であったり、コンビニであったりするものです。

このようなものが日常に溢れているのが日本です。

どこかに行きたい場合は、公共交通機関を利用することができます。

何かほしいものがあったら、コンビニに行って購入できます。

しかも、24時間いつでも行けます。

海外で生活をしたことある方は分かるかもしれませんが、こういったものが海外ではありません。

確かに似たようなものはあったりしますが、なぜか利便性が低いものばかりです。

この中で、生活をしていかなければなりません。

極々小さなものばかりですが、積み重なってくるとストレスになってきます。

こちらを克服するための方法は「極力気にしない」ということです。

気にしなければ特に問題はありません。

ストレスにもなりません。

しかし、どうしても気になってしまう人がいます。

その場合は、なるべく「利便性を高めた自分の空間を作る」ことです。

人によりますが、寝てる時間を入れたら自分が多く時間を過ごすのは自分の部屋です。

その自分の部屋の利便性を高くなると自然とこのストレスも少なくなります。

快適に過ごせるため一石二鳥です。

 

言語性

 

言語の問題になります。

まず、外国では日本語が使えません。

必ず現地の言葉を使わなければなりません。

これ自体は、時間が経てばどうにかなります。

今回の問題は言語性です。

日本語という利便性が高い言語は世界中では珍しいです。

例えば、「大丈夫」という単語です。

どのような場面で使用しますか。

  • 体調を尋ねる時に「大丈夫?」
  • コンビニで袋がいらない時に「大丈夫です。」
  • 時間があるか尋ねられた時に「大丈夫。」

汎用性がおかしいですね。

どこでも何となく使える単語です。

このような単語が日本語にはたくさんあります。

外国語には、あまりこのような単語は多くありません。

そのため、何となく返せば良い時に困ります。

さらに、日本語で育ってきた日本人は何も言わなくても察するということに長けています。

しかし、外国では察されません。

自分で言わなければなりません。

時に、これが面倒に感じます。

結果として、この積み重ねがストレスの原因になってきます。

その解決策は一つです。

「日本語思考を止める」ことです。

日本語で思考すると、自然と察することになります。

そのため、察されないとストレスになります。

しかし、そもそも日本語で思考をしなければあまりストレスになりません。

結構、難易度は高い方法かもしれませんがこれしかないと思います。

現地人と同じ発想を持つことが大切です。

 

食事

 

日本人に生まれた私は日本食を食べて幼少期を過ごしました。

昔から食べていたためか日本食が大好きです。

そして、洋食も好きだったためよく食べていました。

しかし、海外生活してみると味覚が合いません。

日本で作られている食事はおそらく日本人の味覚に合わせて作られているのでしょうか。

海外で長いこと生活をしていても、食事だけはなかなか慣れません。

そこで様々な方法を試してみました。

以前それについてまとめました。下記に記事を貼っておきます。

もし興味があれば読んでみて下さい。

記事:食事のススメ

結論、これは自分で解決しようと思ってもできません。

ある一定の強い意志があれば話は別ですが、気がない人にとっては克服できません。

そのため、現実的な解決策を一つだけ紹介します。

「都会に住むこと」です。

都会であれば日本食レストランは必ずあります。

日本人が経営しているところもあります。

そのような場所の近くに住んだら、日本食が恋しくなったらすぐ行くことができます。

そしたら、食事の壁は克服できます。

現実的に克服する方法はこれしかありません。 

 

まとめ

 

海外で生活をしていると、日本のように上手く行きません。

数々の葛藤があります。

これが海外生活すると直面する大きな戦いです。

しかし、海外生活をするには受け入れなければなりません。

その時に、必要なマインドセットは「日本は便利過ぎ」です。

世界的にみたら日本の利便性は異常です。

普通に過ごし方をしているのは海外の方です。

このように割り切ることが一番良いと思います。

間違っても気にし過ぎて、「ストレス」を貯めるのはよくありません。

「こんなものだろ」という風に考えることが非常に重要です。

Categories:

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


カテゴリー
About Martin

Study Abroad in the U.S.

本場の自由を知る。 

自由の国に住み、西洋の価値観に触れました。

今までの日本で培った価値観とは大きく異なったものに触れることにより、様々なことを学びました。

生まれ故郷の東洋の価値観と第二の故郷の西洋の価値観を混ぜ合わせる・組み合わせることによって、より良い自分になることを目的に活動しています。