海外にいくと人によっては、名前問題に直面します。

時に、日本人の名前は外国人にとって発音が難しい場合があります。

そのため、最初の自己紹介という入り口から苦戦する人も少なくありません。

こんにちは、Martinです。

今回は、海外での自分の名前について解説していきます。

私は、英語圏にいました。

日本では、性(名字)を主流で使う文化です。

反対に英語圏では、ほとんど名前を使います。

ここまでは、文化の違いでいいとしましょう。

しかし、発音が問題です。

日本人の名前には、日本独特の発音が含まれますので外国人が発音するには難しい場合があります。

これは、どんなにその語学が堪能になってもスキルでどうにかできるものではありません。

そこで、海外にいる日本人はどうするかというと自分にニックネームを付けます。

これが、一番効果的です。

今回は、ニックネームを付ける上で意識することを解説していきます。

ニックネームが必要かを見極める

海外へ行ったら、絶対に必要というわけではありません。

日本語の名前でも、外国人が発音できるものもあります。

私自身、運が良く外国人が発音できる名前でした。

むしろ外国人にとって最も覚えやすいような名前でした。

実は、外国人に名前を覚えられなかったことがありません。

このような場合は、ニックネームは不要です。

しかし、これはほぼ奇跡的な名前です。

普通はこのように行きません。

ここで、どのような名前を持っている人が発音しづらいかを紹介します。

名前の中に、

  • Ryo
  • Tsu
  • Kyo

上記のような音が含まれる名前の場合です。

あとは、〇〇taroのように長い名前の場合です。

このような名前は、外国人には難易度が高いです。

もし名前を覚えてもらっても、変な発音になってしまうかもしれません。

このような場合であればニックネームにすることをおすすめ致します。

ニックネームの付け方

いざ、ニックネームを付けようと決意しました。

しかし、どのように付けようかと悩む人もいると思います。

ここでは、3つのニックネームを付ける方法を解説します。

  • 短縮タイプ
  • イニシャルタイプ
  • 英語名(English Name)
短縮タイプ

自分の本名を短縮して発音しやすくする方法です。

ここでのポイントは、母音を2個にすることです。

例をあげると、あなたの名前がKazunariとします。

このままですと発音が難しいです。

そこで、母音が2個になるように短縮します。

Kazunari→Kazu もしくは Nari

これをするだけで、外国人にとって劇的に発音しやすくなります。

イニシャルタイプ

これは、自分の名前と名字のイニシャルをとって名前にする方法です。

(もちろん名前と名字でなければならないというルールはありません。)

例をあげると、あなたの名前がKazunari Suzukiとします。

イニシャルをとって、KSとなります。

しかし、問題があります。

これは、カジュアルな名前となります。

プレゼンテーションなどの場面ではあまり適しません。

そのため、どこでも使用できるわけではないので注意が必要です。

英語名(English Name)

この方法が、外国人にとっては一番簡単です。

ニックネームとして、外国人の名前を自分に付けるのです。

基本的にルールはありませんので、自分が好きな名前を使うといいと思います。

例えば、自分の名前に発音が似ている英語名であったり、自分が好きな英語圏出身の有名人の名前を使ったり、、、

実際に私の友人で英語名を使っている人がいました。

バスケットボールが好きだったため、現役最強選手の名前をとってJamesでした。

このような感じで決めればいいと思います。

名前にエピソードを加える

自分で自分のニックネームを付けるのは少し抵抗があります。

なんか恥ずかしい気分になります。

その際に、利用して欲しい方法があります。

「名前にエピソードを加える」

これは、主にニックネームとして英語名を自分に付ける場合に利用できます。

先ほどの友人の例もそうですが、名前に意味を付けるのです。

例を上げてみます。

あなたの名前が「さつき」だったとします。

Satsukiのため、Tsuがあるため外国人が上手く発音出来ません。

そこで、連想ゲームをしてみます。

さつきは、日本語にすると5月という意味になります。

そこで、そのまま英訳して「May」にします。

一見、英語名のため自分の本名とは関係なさそうですが一応関連はあります。

これは非常に有効です。

使っているうちに名前の意味を尋ねてくる友人がいたら、話題になることは間違いありません。

このようなエピソードを付けると自己紹介の際に使用出来たります。

そうすると思えてもらえる確率がグッと高くなります。

そのため、非常におすすめです。

まとめ

人によって名前は非常に厄介です。

最初の自己紹介で壁にぶつかってしまうかもしれません。

そんな時は、思い切ってニックネームを使いましょう。

まず間違いなく、覚えてもらえやすくなります。

両親からもらった名前を使わないのはちょっと抵抗があるかもしれません。

しかし、これは逆にチャンスなのです。

名前とは、あなたが人生で耳にする単語です。

自分の名前の音があなたにとって一番心地よい音のようです。

新しい名前を手に入れたら、一番心地よい音が2つになります。

さらに、違う名前を名乗ることによって新しい自分になれるような気分になります。

今まで、日本で抑え込んできた自分を新しい名前と一緒に解放しましょう。

その先には、最高な人生が待っています。

あなたの海外生活がより良いものになることを祈っております。

Comment

今回は、名前について解説してきました。

私自身は海外でもそのまま本名が使えたので使っていました。

その後、日本に帰ってきて呼ばれ方が名前から名字に変わりました。

なぜか名前を盗られてしまったかのような感覚を覚えました。

なんとなく喪失感があります。

それほど、名前は大切なのです。

私も新しい自分になりたいと考えていますので、次に海外にいく際には英語名で勝負しようと考えています。

これからも海外生活に関する役立つ情報を発信して行きます。

面白いや役に立ちそうだなと思って頂けた方は次回以降も読んでみて下さい。

Twitterのアカウントからお知らせをしますので、是非フォローして下さい。

Twitter: Martin

Categories:

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


カテゴリー
About Martin

Study Abroad in the U.S.

本場の自由を知る。 

自由の国に住み、西洋の価値観に触れました。

今までの日本で培った価値観とは大きく異なったものに触れることにより、様々なことを学びました。

生まれ故郷の東洋の価値観と第二の故郷の西洋の価値観を混ぜ合わせる・組み合わせることによって、より良い自分になることを目的に活動しています。