サンセット, トランスポート, 航空機, フライト, 太陽, 旅行, 空, ミステリー, 雲, 物流, 天候

日本の大学から海外へ

 

大学受験という競争を勝ち抜いて大学へ入学しました。

大学受験は想像を絶する程、大変だったと思います。

中には、行きたかった大学へ進むことができなくて自分の意志とは異なる大学に通っている人もいるかもしれません。

しかし、大学に入学できたということは素晴らしいことです。

ここからは華の大学生活です。

十分に謳歌しなけばなりません。

しかし、何かもの足りない感じがしませんか。

大学に通っていることによって「より良い自分」に成長できているでしょうか。

これに関する回答は、実は「YES」の方が少ないです。

実際に大学へ通っている人なら、心当たりがあるのではないでしょうか。

そこで、私がおすすめしたいのは海外大学を体験することです。

日本の大学から海外大学へいく主な方法をまとめた記事を作成しました。

下記に貼っておきますので、読んでみて下さい。

記事:大学から海外へ挑戦。

今回は、海外大学へ編入することについて詳しく解説していきます。

編入は、あまり知られていない方法かもしれません。

しかし、このような素晴らしい制度は存在します。

是非、参考にして頂きたいです。

それでは、解説へ参ります。

 

大学の編入制度

大学の編入制度について解説していきます。

日本ではあまり見られませんが、海外では一般的です。

実にシンプルなもので、「自分が持っている単位を別の大学へ移行する」という行為です。

私が、留学していた大学では2年制の大学と4年制の大学が存在します。

2年制の大学を卒業すると、もちろん卒業したことになります。

日本でいうと短大のようなイメージで結構です。

しかし、大きな違いは4年制の大学に単位の移行が可能ということです。

つまり、短大を卒業した後に別の大学に単位を移行して、その大学で3年生として入学できるのです。

2年制の大学は、4年制に比べると非常に安いです。

そのため、最初の2年間は費用を抑えて最後の2年間で4年制の大学を卒業することができます。

そのため、広く一般的に普及している制度となっています。

日本では馴染みがない制度ですが、海外では一般的になっています。

 

単位の移行

 

2年制の大学から4年制の大学へ単位が移行できることが分かりました。

では、これがどのように日本の大学へ通う大学生に関係が出てくるのでしょうか。

実は、「日本の単位も移行を認めてくれる」からです。

その大学にレベルによりますが、同等かそれ以上のレベルと判断されて類似性が高い授業であれば単位の移行が認められます。

レベルに関して補足をします。

私が行っていた大学にはあらゆる国から留学生が来ます。

中には、発展途上国出身でその国の大学から編入してきました。

しかし、その国で通っていた大学のレベルがあまりに簡単すぎるため単位の移行を全く認められなかったケースがよくあります。

これは、ある程度の教育水準を保つためには仕方のないことです。

一方、日本人の大学生の場合はどのなるかというと認められない単位もありますが、全く認められないということはありません。

日本の教育水準は世界的に見ればまだ上から数えた方が圧倒的に早いです。

つまり、質の高い単位であることは担保されています。

結果として、日本の大学で取得した単位は海外の大学へ移行することは可能なのです。

そのため、日本の大学から海外の大学へ挑戦することは可能なのです。

 

志したら目標設定

 

海外大学へ今から行くことは可能なのです。

これから、人生を変えるような大きな出来事に出会うために海外へ行くことは非常に良いと思います。

しかし、編入するには準備しなければなりません。

現地の言葉を習得するなど、様々なことがあります。

その中でも一番最初にやらなければならないことを紹介します。

それは、当たり前ではありますが「目標設定」です。

まず、何をしたいかとどこへ行きたいかを決めます。

そして、とりあえずどこへ行きたいかを具体的にします。

「〇〇大学の〇〇専攻」まで決めておくと良いでしょう。

ここまで、決まると現在通っている大学で取得する単位が変わってきます。

なるべく、移行ができそうなものを優先的に取得するようになります。

すると、海外大学へ進学した後にスムーズに単位移行ができます。

そして、入学するために必要な書類や条件などを把握してクリアしていくことができます。

このように「目標設定」をすると一気に海外大学進学に近づいていきます。

 

まとめ

海外の大学へ行く方法は様々です。

1年間だけ休学して行くこともできます。

そして、編入して行くこともできます。

期間限定の交換留学や休学留学は非常に一般的に知られていますが、編入はあまり知られていないと思います。

実際、やってみると簡単ではありません。

しかし、不可能ではありません。

さらに大変だった分の成果は確実に得ることができます。

今からでも、ガッツリとした海外キャンパスライフを送ることができます。

決して遅いことはありません。

是非、挑戦をしてみて下さい。

 

Comment

大学入学した後にも行きたい大学を変更できるのが海外大学の良い部分です。

広く挑戦権を平等に与えられているような気がします。

一度だけの人生ですから、大学くらい挑戦したいと思いませんか。

実際に、私は挑戦したいと思いました。

そして一切の悔いがありません。最高の時間でした。

あの頃のように輝かしい人生を送るのが今の目標です。

私も、さらにがんばっていきたいと思います。

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。

今後も、たくさんのことを発信していきます。

是非、読みたいと思って頂けましたら下記のSNSからフォローをお願い致します。

新記事の情報を通知致します。

Categories:

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


カテゴリー
About Martin

Study Abroad in the U.S.

本場の自由を知る。 

自由の国に住み、西洋の価値観に触れました。

今までの日本で培った価値観とは大きく異なったものに触れることにより、様々なことを学びました。

生まれ故郷の東洋の価値観と第二の故郷の西洋の価値観を混ぜ合わせる・組み合わせることによって、より良い自分になることを目的に活動しています。