世界では、国家という単位が点在している。

silhouette of person standing in front of glass while taking photo of plane

 

「長期休暇は、海外旅行」

「ハネムーンで、海外旅行」

「海外へ留学」

「海外で働く」

海外へ行く理由も目的も、人それぞれです。

そんな中で、唯一共通する必要なモノと言えば「ビザ」です。

「ビザ」は外国へ入国する際にも出国する際にも確実に必要になります。

実際、あまりよく知らずにでも何とかなります。

しかし、だからと言って知らずに行って失敗する人も多いです。

言葉も通じないところで、個室に連れて行かれて説明させられたりするそうです。

出来る事なら、避けたいです。

空港での手続きはスムーズの方が良いです。

そのため、最低限のパスポートとビザについて解説します。

これだけ知識として持っていれば、入国管理局をスムーズに通過できます。

それでは、早速参りましょう。

 

パスポートとは

passport book on floor

 

パスポートはみなさんご存知だと思います。

海外に行く時に必要なあれです。

もちろん、この知識で十分と言えば十分です。

しかし、もう少し深く説明していきます。

パスポートとは、世界で通用する「身分証明書」です。

世界中にあるほとんどの国が、外国人の入国及び滞在する際の条件にパスポートの保持を求めています。

日本にいる外国人も「パスポート」を常に携帯していなければならないと法律があります。

身分証明書と呼ばれるものは様々な種類があります。

身分を証明してくれる組織があるから、その身分証明書は有効です。

しかし、海外まで有効にする事が出来る程の強力な身分証明書はなかなか存在しません。

パスポートの発行元は国家です。

非常に強力な組織により身分証明がされています。

海外でも通じる唯一の身分証明書がパスポートなのです。

 

ビザとは

person holding passport

 

ビザとは、査証と日本語で呼ばれます。(今は普通にビザと呼ばれます。)

入国先の入国するための許可書です。

上記のパスポートは、自国が発行するモノです。

もちろん、日本から外国へ行くのですから両国から許可を貰わなければなりません。

ビザは、相手の国家から発行してもらうモノです。

原則、どの国に行く際にも必ず必要となります。

ビザを取得する際には、相手が入国させても問題ないかを確かめるために「書類選考」や「面接」を行います。

そこで問題がないと判断された際に、発行されます。

発行する際に必ずパスポートの提出が求められます。

提出して、申請が降りたらパスポートと一緒にビザが郵送されてきます。

 

ビザには注意

danger no entry sign

 

パスポートに申請やビザの申請は、実際にやってみると面倒くさい場合もあります。

しかし、大体の場合はあっさり出来てしまいます。

そのため、何となく出来てしまいます。

これは、非常に良い事と思います。

しかしながら、ビザに対して油断は禁物です。

ビザには、様々な種類があります。

種類によって、期間が異なります。

そして、延長できるビザと延長できないビザがあったりします。

ビザなしで海外へ滞在する事は犯罪です。

トランプ大統領もよく言っていましたが、不法滞在は罪です。

ちょっと忘れていたや理解していなかったというだけで犯罪者になってしまいます。

そのため、あなたが取得したいもしくは所有しているビザについて改めて理解しましょう。

安全に快適な海外生活を送るには、非常に重要になってきます。

 

まとめ

 

海外に行きたい人とすでにいる人は、必ずパスポートとビザが必要です。

パスポートは世界で通じる身分証明書です。

海外で、自分が何者かを唯一証明できるものです。

よく言われるのが、「パスポートは命の次に大切」

これは、本当に正しいです。

紛失や窃盗に細心の注意を払いましょう。

そして、もう一つ大切なものが「ビザ」です。

渡航先の国家が発行してくれる許可証です。

入国させても問題はないと判断されたら受け取る事が出来ます。

この2つが揃って、初めて海外に行く事が出来ます。

パスポートはなくさなければ良いのですが、ビザは内容をしっかりと理解しなければなりません。

よく理解していないと悪意がなくても、法律違反をしてしまう可能性があります。

自分が持っているビザだけで十分ですので、理解しておくようにしましょう。

この2つが海外へ行くための最低限必要なものです。

 

Categories:

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


カテゴリー
About Martin

Study Abroad in the U.S.

本場の自由を知る。 

自由の国に住み、西洋の価値観に触れました。

今までの日本で培った価値観とは大きく異なったものに触れることにより、様々なことを学びました。

生まれ故郷の東洋の価値観と第二の故郷の西洋の価値観を混ぜ合わせる・組み合わせることによって、より良い自分になることを目的に活動しています。