顧客の経験, ベスト, たいへん良い, サービスの格付け, 満足度, 手, クライアント, 押す

将来のために今から資産を増やしたい。

 

年金がもらえる確率はどのくらいあるでしょうか。

可能性はゼロではありませんが、年金をあてにするのは賢い選択ではありません。

政府も支払いが出来ない事を認めはしませんが、企業に定年後も雇用するように努力をする事を要請しています。

現状、従来の定年で退職する事が出来る人一握りです。

では、一握りになるためにはどうすればいいのでしょうか。

様々な方法があります。

労働をしなくても、収入がある仕組みを作ることがポイントです。

そうすれば、仕事がなくても安定的に収入を得ることが出来るからです。

これを「経済的自由」と呼びます。

これを達成する最も簡単で単純な方法が「投資」です。

投資を行って、資産を増やす方法が一番再現性があるでしょう。

今回は、投資をする上で必要な基礎知識の一つである。

「格付け」について解説していきます。

知識を身に付けて、自分でしっかりと考えて投資を行いましょう。

 

アーキテクチャ, ギャング, モダン, 分析観点, 建物, 未来, 構造, 都市, 3 D, アーチ

格付けとは

 

格付けとは、格付機関が行う分析のことです。

格付機関が、政府が発行する国債や企業の社債の利払いや償還能力(返済をする力)についてを財務調査などを通して評価をします。

この結果によって、格付けは決定されます。

この機関は、市場とは全くの無関係な位置にあります。

その結果、どの企業に対しても公平な判断を下すことが出来ます。

非常に信頼性が高い分析になっています。

その機関から、お墨付きをもらった企業は格が高いとされます。

格が高い企業ほど信用が高いことが分かります。

つまり、企業の信用度を測るためのランクです。

世界には、いくつかの格付機関があります。

最も有名なものが、「S&P」「Moody’s」のアメリカの格付機関です。

現状、最も強い経済を持った国家はアメリカです。

もし格付けを参考にしたい時は、上記の2機関を参考にすれば間違いがありません。

 

パズル, お金, ビジネス, ファイナンス, ソリューション, 成功, ジグソー パズル, 現金, 投資, 富

企業が格付けに参加する理由。

 

そもそも何故、企業は第3機関である格付機関に査定されることを許しているのでしょうか。

企業も低いランクを付けられて業績を悪化させるリスクをとることになります。

特に、査定されること自体にメリットがありません。

それにも関わらず、査定を受けるのは何故か。

その理由は、企業がビジネスを行うために必要なものは資金だからです。

その資金を集めることがビジネスの成功に繋がります。

格付機関によって高い格を与えられた企業が手に入れるものはなんでしょうか。

それは信頼です。

信頼とは、「お金の原点」です。

信頼には、自然とお金が集まります。

なぜなら、誰もが信頼が出来るものを購入したいからです。

つまり、高い格付を持っている企業は信頼されるため、たくさんの投資家が投資をしたいと考えます。

結果、資金が集まってきてます。

資金が集まると、その企業はさらに事業へ出資することが出来ます。

その結果、企業の規模自体がさらに大きくなります。

これを何度も繰り返して、企業は規模を拡大していきます。

 

 

信頼, 不信感, 道路標識, ディレクトリ, 感じ, 誠実さ, 失望, セキュリティ, 信仰, 信頼性

信頼と利益

 

上記のことを理解しました。

では、信頼性が高い格の企業へ投資をすれば成功するのでしょうか。

投資をする側から考えるとそうでもないのです。

信頼が高い場所へは資金が集まります。

つまり、たくさんの人が投資をします。

結果として、企業からのリターンは少なくなります。

何故なら、たくさんの投資家とリターンを分配することになってしまうからです。

このことから、格が高い企業への投資はローリスク・ローリターンとなります。

反対に、信頼が高くない格が低い企業へ投資した場合どうなるでしょうか。

もし利益を出した場合、分配をする人数が少ないためリターンが大きくなります。

しかし、利益を出さないリスクもあります。

その場合、利益がないためリターンもありません。

つまり、ハイリスク・ハイリターンとなります。

信頼が高い企業への投資は、安全ですがリターンが低いです。

信頼が低い企業への投資は、不安定ですがリターンが大きいです。

この側面もあることを考えて、格付けを見てみると自分がやりたい投資方法にあった企業を見つけることが出来るでしょう。

 

まとめ

 

投資を行う上での基礎知識である「格付け」についての解説をしてきました。

世界中には、様々な企業があります。

企業は、資金を調達するために株式や社債といった金融商品を売っています。

このような金融商品を購入や売却することを投資と言います。

投資をすると定期的にリターンを受け取ることが出来ます。

これは、ただ所有しているだけでもらえます。

非常に簡単です。

しかし、難しいのはどの金融商品を購入するかを選ぶ時です。

そんな時に、この格付けが役に立ちます。

あなたの投資の目的によって、どの金融商品を買うかは決まります。

その際に、目安や指数として使用することが出来るのが「格付け」です。

投資をする時の観点の一つとして使ってもらえますと幸いです。

Categories:

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


カテゴリー
About Martin

Study Abroad in the U.S.

本場の自由を知る。 

自由の国に住み、西洋の価値観に触れました。

今までの日本で培った価値観とは大きく異なったものに触れることにより、様々なことを学びました。

生まれ故郷の東洋の価値観と第二の故郷の西洋の価値観を混ぜ合わせる・組み合わせることによって、より良い自分になることを目的に活動しています。