青, 色, 競争, イベント, 5, ゲーム, 緑, オリンピック, 赤, リング, スポーツ, 夏

2020年東京オリンピック延期

 

衝撃的なニュースを世界中を駆け巡りました。

「東京オリンピックの延期」です。

2020年は、世界の祭典であるオリンピックが開催される年でした。

しかし、「コロナウイルス 」により開催が困難になりました。

この延期は日本としても大きな決断だったと思います。

なぜなら、オリンピックのために数々の人や事業が活動していたからです。

日本人にとっては悲願のオリンピックのはずでした。

「コロナウイルス 」は未知のウイルスです。

感染したら生死が関わる問題に発展する可能性は大いにあり得ます。

そのため、あらゆるイベントはもちろん中止です。

それどころか経済活動すら中止になっている場所だってあります。

日本が選択した延期は勇断でした。

悲劇を回避するための選択だったと思います。

しかし、いつか必ず日本で最高のオリンピックを開催する日はやってきます。

そのように考える理由を解説します。

 

世界が混沌した時代のオリンピック

 

今、世界は混沌に包まれています。

今後の見通しを予測するのは困難です。

今後にはどうなるかは、あらゆる可能性があります。

誰にも今後どうなっていくかを予測する事はできないと思います。

そこで出来る事を探してみると、やはり比較となります。

「世界が混沌に包まれていた時に中止になったオリンピック」を見つければ少しは類似性が見えてくるかもしれません。

実際に探してみました。

奇しくも、1940年に開催予定だった東京オリンピックを見つけました。

この時代は、世界中が争い覇権を巡る混沌の世界でした。

数々の著名人の活躍があり、1940年にオリンピックを東京へ誘致できました。

実は、これがアジア初のオリンピックだったのです。

しかし、日本はこの頃から国際社会から孤立していきます。

結果として、開催予定の2年前にオリンピックを返上しました。

代わりに予定されたオリンピックも、第二次世界大戦の勃発により幻となりました。

確かに何もかも違いますが、歴史上をみても今の「コロナウイルス 」による混沌は一番近い時代はここだと思います。

 

混沌が過ぎ去った後

 

第二次世界大戦が勃発しました。

その後、悪夢は6年にも及びました。

そして、日本は敗戦しました。

日本は、アメリカに占領されてしまったのです。

そこから、日本にとって最も辛い時代が始りました。

しかし、日本は立ち上がりました。

その理由は、先人たちが復興を諦めなかったからです。

そして、1964年の東京に再びオリンピックの誘致に成功しました。

幻の東京オリンピックから月日を得て、遂に東京でオリンピックの開催を決めたのです。

この東京オリンピックがアジアで初のオリンピックです。

そして、初の白人国家以外の国での開催です。

正に、歴史を変えたオリンピックとなりました。

 

現在の日本

 

最近の日本は元気がありません。

日本は、かつては世界でも類をみない輝きを放っていていました。

黄金の時代だったのではないしょうか。

しかし、現代の日本はそうではない。

いずれ東南アジア諸国に抜かれるなどと言われています。

こんな事を言われて黙っているなんて日本人が廃れます。

かつての輝きを再び取り戻す事を本気で考えている人はどの程度いるでしょうか。

もちろん、そのような崇高な思考を持った方はたくさんいます。

しかし、圧倒的にマイノリティーです。

集団となって力を発揮するのが日本という国家です。

しかし、なぜか今は集団になると足の引っ張り合いをしています。

これは、進めべき方向が見えていない日本人が多いからではないでしょうか。

あの時代は、日本人が「復興」という方向に向かって走っていたのでないでしょうか。

現代を生きる私たちもかつてのように、同じ方向に向かって走らなければならないではないでしょうか。

 

まとめ

 

過去に、中止になったオリンピックがありました。

奇しくも東京オリンピックでした。

その後、実に日本にとって辛い時代となりました。

しかし、見事に復活を果たした日本は1964年に東京でオリンピックを開催しました。

歴史に残る大偉業を成し遂げたオリンピックとなりました。

そして、日本はその後黄金時代へ突入します。

2020年のオリンピックが延期になってしまいました。

大きな衝撃が走ったニュースでした。

これは、奇しくも1940年のオリンピックに類似する事があるのではないでしょうか。

この考察が正しければ、日本は今後辛い時代へ突入します。

しかし、それを乗り越えた後の日本はどうなったでしょう。

黄金の時代を迎えました。

もしかしたら、再び日本が黄金の時代を迎える前兆が「延期」だったのかもしれません。

もしこれが正しければ、「東京オリンピック」は歴史的な大成功を修めるのではないでしょうか。

そして、再び「黄金の時代」へ向かっているのではないでしょうか。

そのために、日本人としては今一度「誇り」を一緒に取り戻しませんか。

 

Comment

なかなか、気合いが入った記事になりました。

しかし、今後日本がこのように進んでくれる事を祈っています。

そして、そのために日々行動していこうと思います。

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。

これからも様々な記事を上げていきます。

もっと読んでみたいと思って頂けたら、是非下記のSNSのフォローして下さい。

新記事の度に、通知させて頂きます。

どうぞよろしくお願い致します。

Categories:

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


カテゴリー
About Martin

Study Abroad in the U.S.

本場の自由を知る。 

自由の国に住み、西洋の価値観に触れました。

今までの日本で培った価値観とは大きく異なったものに触れることにより、様々なことを学びました。

生まれ故郷の東洋の価値観と第二の故郷の西洋の価値観を混ぜ合わせる・組み合わせることによって、より良い自分になることを目的に活動しています。