こんにちは、Martinです。(@Martin83159167)

突然ですが、私現在地方で暮らしております。

地方というと少し聞こえは良いですが、要するに田舎に住んでいるということです。

しかし、最近のトレンドでは地方移住やアジアへの移住をしている方が多いです。

確かに、都会は利便性が高いです。

その上に、様々なことに対して選択肢が多いです。

更に、給与水準だって田舎より良いです。

自分の世界を広げる上で、田舎よりも都会の方が圧倒的に優れた場所であります。

では、なぜ今地方移住がトレンドになっているのでしょうか?

目次

  • 都会のメリット
  • 都会のデメリット
  • 地方のメリット
  • 地方のデメリット

上記の順番にメリットとデメリットを解説していきます。

都会のメリット

  • 出会いが多い

出会いこそ、都会に住む最大のメリットです。

自分というものは、周りの環境によって大きく変わります。

同じ自分でも、周りの人間に恵まれている場合と恵まれていない場合で大きく異なります。

例えば、自分の周りが「夢を追いかけている人ばかりだった場合」と「日々の仕事へ愚痴ばかり言っている人ばかりだった場合」。

どちらの方が、自分自身の可能性を広められるでしょう。

もちろん前者です。

そして、前者ができるのは都会だけです。

そのため、出会いという面で非常に都会は優れております。

  • 給与水準が高い

給与水準が高いです。

確かに、これは人によります。しかし、平均をした場合都会の方が高くなります。

つまり、都会で仕事をした方が給与水準は高くなる可能性が大きいです。

今後、キャリアを考える中で都会で就職するというのは、将来的に給与を増やしていくには適しています。

  • 利便性が高い

こちらも地方に比べて圧倒的に優れています。

どこにいくにも、公共交通機関があり、非常に充実しています。

更に、様々な店舗があらゆる場所にありますので急に何か必要になった際などに迅速に対応することができます。

食事等に行って遅くなってしまってもある程度であれば、すぐに帰宅することができます。

以上のことから生活が非常に楽にできます。

都会のデメリット

  • 価格帯が高い

物の物価が非常に高いです。

全般的に高いのですが、特に住居費が高いです。

どこの物件を探しても確実に地方より高いです。

安い場所を探したところで、高価格なものになってしまうでしょう。

住居費だけで、自身の給料の何十%という方もおられるのではないでしょうか。

  • 人混みが多い

都会は、とにかく人が多いです。

地方の出身者からしたら、何かイベントでもあるのかと思ってしまう程です。

基本的に人がいない場所はないです。

何をするにも人が多いので並んでいる時間が多くなります。

  • 自然が少ない

これは、あまり関係がないと思う方もいると思いますが非常に大切です。

人間も動物ですから、自然が必要です。

自然から離れて生活をしていると心が廃れます。

しかし、なかなか自然と触れ合える機会がありませんのでストレスが溜まりやすい環境となります。

地方のメリット

  • 価格帯が安い

全般的に生活費が安いです。

都会と同じ金額を払うと、そこそこ良い物件に間違いなく住めます。

反対に、都会と同じような物件に住もうと思っても破格で住むことができます。

その他、様々な費用が安いです。

そこそこの所得があれば、優雅に暮らすことがすぐにできます。

  • 人混みが少ない

都会には、至る所に人がいますが地方には至る所に人がいません。

何か店舗を利用する場合もほとんど並ぶことはありません。

移動をする際も、そもそも公共交通機関がないので自動車で移動します。

結果として、たまに渋滞はあるかもれませんが、都会の通勤ラッシュや帰宅ラッシュのようなことにはなりません。

  • 自然が多い

もちろん、自然が多いです。

家の外に出るだけで自然に溢れているようなものです。

日々、そのような中にいますのでストレスをたとえ感じても癒されることができます。

リフレッシュをする環境は、都会よりも整っております。

(もちろん自然だけがリフレッシュ方法ではありませんが。。。)

地方のデメリット

  • 出会いが少ない

都会のように、そもそも様々な人がいません。

基本、その地域で育ってきた人のみです。

もちろん、ずっとその地方にいるわけですから外を知りません。

結果として、立派な志をもった人間に会うことは滅多にありません。

もしあなたが夢を追いかけているような方なら、確実にぬるま湯になってしまいます。

  • 給与が低い

平均的な給与は、都会よりもちろん低いです。

つまり、順調に給与水準が高くなっていっても必然的に低くなってしまいます。

しかし、生活費が安い分ここはあまり気にする必要はないと個人的には思っております。

  • 利便性が低い

移動手段は、基本自力です。

つまり、どこに行くにも自動車です。

自分自身で、運転して目的地へ向かわなければなりません。

食事をした際に、お酒を飲んでしまったら帰宅は非常に大変です。

なぜなら、飲食店があるような所から自宅は離れているのが当然です。

とても徒歩で帰れる距離ではありません。

この面では、都会ではする必要がない工夫が必要になります。

  • 新技術の普及が遅い

これは、個人的に最近思ったことです。

コンビニにいった際に、おそらく20代半ば程の女性がいました。

いまどきな感じの都会いても違和感のないような雰囲気でした。

支払いを一瞬みてしまったのですが、現金を使っていました。

地方では、未だにキャッシュレスを使っていない若い世代がいるのです。

明らかに損をしていることに気づかず、日々過ごしているのかと思うと新しいものの普及が遅いです。

まとめ

結論をいうと、都会にも地方にもメリット・デメリットがあります。

そして、どちらが良いかというものはありません。

ただ、言えることはどちらかを選択する際に大切になることは自分自身の性格です。

都会で、夢を追いかける人たちと一緒に追いかけるのも素晴らしいです。

地方で、のんびり優雅に日々暮らしていくのも素晴らしいです。

どちらが優れているとかいうのではなく、どちらも優れているのです。

ただ、現在はSNSの発展で人脈の面では都会でも地方でも関係なくなってきました。

もちろん、地方にいたら実際に会うのは難しいですが不可能ではありません。

これが、今地方移住がトレンドになっている理由です。

現在の技術を使えば、都会の利点をある程度地方でも受けることができるのです。

そのため、今後自分が住みたい場所に住みながらSNS等を通じて自分が繋がりたい人たちと繋がるスタイルになっていきます。

結果として、地方移住がトレンドとなっているのです。

Categories:

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


カテゴリー
About Martin

Study Abroad in the U.S.

本場の自由を知る。 

自由の国に住み、西洋の価値観に触れました。

今までの日本で培った価値観とは大きく異なったものに触れることにより、様々なことを学びました。

生まれ故郷の東洋の価値観と第二の故郷の西洋の価値観を混ぜ合わせる・組み合わせることによって、より良い自分になることを目的に活動しています。