どのような言語でも、一番の基礎となるのは単語です。

文章も、単語の羅列によってできています。

そのため、単語量を増やすことは海外生活において非常に大切です。

こんにちは、Martinです。

今回は、単語の覚え方について解説していきたいと思います。

現在、海外生活を始めたばかりの人も海外生活に慣れてきた人も単語に悩みをもつと思います。

どのように単語量を増やしていくかを解説していきます。

単語を覚える方法はずばり書いて覚えると思っていないでしょうか。

半分正解で半分間違いとの言った回答でしょう。

その人の言語のレベルに対して単語の覚え方は変わってきます。

今回は、日常会話をする中での単語の覚え方に特化していきます。

スペルを覚える

まず、前提にその言語に対して全くの初心者の場合です。

この場合はスペルを覚えることが非常に重要です。

単語にはスペルがあります。

しかし、日本人が発音するの場合と外国人が発音する場合、同じスペルでも全く違った発音になります。

そして、厄介なポイントは外国人は発音が自分たちと違うと理解してくれません。

そのため、発音を外国人たちに合わせなければなりません。

その時に、スペルは非常に役に立ちます。

言語には、法則性が必ず存在します。

その法則を知るには、スペルを覚えなければなりません。

スペルを覚えて、実際に「聞く・話す」を繰り返し行ってみて下さい。

そうすると時間が経つにつれて、その言語の法則性が体感的にわかってきます。

そのようになってくると、正しい発音をすることができるようになります。

法則性がわかってくると、単語を聞いただけである程度綴れるようになります。

このようになるために、最初はスペルを覚えましょう。

辞書は必要ない

※あくまで会話の場合のみです。

最初の段階が終了して、大体会話が成り立つようになってきた人はこの段階へ進んで下さい。

それは、「辞書は必要ありません。」

日本語でも構いません。

会話で使う単語を一度調べてみて下さい。

すごく丁寧に厳密に書いてあると思います。

しかし、そのような意味を意識して会話中に使用しているでしょうか。

おそらく、意識をしていないと思います。

これは、外国語に関しても同じことです。

そこまで意識をして使っていません。

そのため、辞書に載っている意味が会話中では間違いになってしまうことがあります。

広く一般的に会話で使われている単語の意味がその単語の意味です。

つまり、会話での意味を知るには辞書ではいけないのです。

それでは、どうすればいいのでしょうか。

  • 人に意味を尋ねてみる。
  • 人の会話をキーワードにしてその単語の意味を自分で考える。

辞書で引くよりも実は難しいです。

辞書の場合は、単語を入力して意味を読めばいいです。

上記の方法は、自分で考えなければなりません。

しかし、これを行うと体感的にどのような意味かを理解できます。

どのような場面でどのような意味でその単語が使われているかを体感すると実際に自分の言葉として、次回使えます。

加えて、辞書には基本的に単語の使用方法は載っていません。

実は、意味は理解していてもなかなか会話の中で使えないのです。

そのため、会話では辞書は必要ありません。

少しでもわからない時は、聞いて下さい。

上記の段階も体感的に理解できたところで、次の段階へ進みます。

少しでもわからない単語があれば、聞いて下さい。

ネイティブではありませんので、もちろん100%はわかりません。

しかし、その少しをこだわれるかで言語能力の差となります。

ほとんどわかる中で、わからない単語があるとするならばそれはネイティブが使う特有なものである可能性があります。

そのような単語にはストーリーがあります。

そのストーリーを理解してしまうとネイティブたちからのあなたの評価はネイティブとなります。

そのようになると、本当に同等存在として接してくれやすくなります。

あまり、外国からきた私たちのような人々とは絡まない人とも交流を持つことができるようになります。

ここまで来れると、言語の面での海外生活は成功と呼んで良いと思います。

まとめ

海外生活を始めると外国語への悩みは尽きません。

いつになったら満足するレベルになるのか。

正直、それは人それぞれだと思います。

しかし、どのような人でも単語を覚えるという道は絶対に通らなければなりません。

ここで、日本で教わったひたすらノートに書いていくだけでは効果はありません。

単純に単語を覚える際にも心がけることや意識することがあります。

そのようなことを知って実行するだけで格段と変わってきます。

その後、満足のいく海外生活を送ることができるのではないでしょうか。

Comment

今回は、日常会話の単語の覚え方について解説しました。

現在、海外生活中の人・今後海外生活をしたい人は是非試してみて下さい。

今後も自分の体験をもとに海外生活での悩みの解決策の解説をしていきます。

Twitterに更新した際に通知をするようにしています。

もし今後も読んでみたいと思って頂けましたら、是非フォローして下さい。

どうぞよろしくお願い致します。

Twitter Account

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


カテゴリー
About Martin

Study Abroad in the U.S.

本場の自由を知る。 

自由の国に住み、西洋の価値観に触れました。

今までの日本で培った価値観とは大きく異なったものに触れることにより、様々なことを学びました。

生まれ故郷の東洋の価値観と第二の故郷の西洋の価値観を混ぜ合わせる・組み合わせることによって、より良い自分になることを目的に活動しています。