週末、やることはあるでしょうか。

 

今回は、ロンドン出身のロックバンド「Queen」について紹介していきます。

2018年に「Bohemian Rhapsody」という映画が世界中で大ヒットしました。

「Queen」の生涯を描いた作品です。

私自身、劇場にて観たのですがとにかく素晴らしかった。

もちろん観たことある方も多いと思います。

しかし、観たことがない方はもったいないです。

あの素晴らしさを共有したいです。

是非、週末を利用して観てほしいです。

映画のコンテンツは最高ですので、紹介するだけ意味がありません。

一度観てしまえば、引き込まれます。

そこで、今回は「Queen」の楽曲を紹介してみます。

予備知識を入れて、映画を観賞してもらえると幸いです。

それでは、参りましょう。

Don’t Stop Me Now

 

日本語に翻訳すると、「今、俺を止めるな」となります。

幸福な恋愛を表現した楽曲です。

最初はしっとりした曲調から始まり、ロックに切り替わります。

恋愛にある高揚感を表しています。

そして、楽しいものは楽しいと言わんばかりの歌詞になっています。

しかし、快楽主義的なフレーズが多々あります。

総じて、「今を全力で生きている人」に向けての応援ソングと思います。

何かに打ち込んでいる人は、周りに否定される傾向があります。

確かに、正しい行動している人ならば称賛を得ることもできます。

しかし、称賛されない行動している人もいます。

とにかく、自分がやりたいことをやって「今」を生きる人です。

そのような方に向けた曲と思います。

「今」を全力で生きている。

そのような生き方も破天荒でカッコよくありませんか。

下記に楽曲のリンクを貼っておきます。

YouTube: Don’t Stop Me Now  

 

Bohemian Rhapsody

 

Queenの代名詞と言っても良い楽曲です。

映画のタイトルにもなっています。

この日本語役は非常に難しいです。

諸説がたくさんあります。

私的にしっくりきた訳は、「放浪者の狂詩曲」です。

この翻訳に関して自分なりに訳してみるのが良いと思います。

そして、数々の要素が一曲の間に折り込まれています。

表現もQueenらしく過激です。

そして、意味がよく分からない人物名などが多用されています。

その辺を一旦飛ばしてどのような曲なのかを紹介します。

「絶望の中から見える希望」を表現した楽曲と思います。

人生は辛いことばかり起こります。

時に、何も誰も悪くないのに絶望が襲いかかってくるのが人生です。

しかし、無情にも悪夢が真実としてあなたの目の前に立ちはだかります。

ひたすら、闇の中を走っているのが人生です。

闇の中から、希望を見つけ出した時に人の心に衝撃が走ります。

その瞬間から人間は変わります。

つまり、その衝撃を表現した楽曲です。

下記に楽曲を貼っておきます。

YouTube: Bohemian Rhapsody

We Are The Champions

 

Queenは数々の障害と戦ってきました。

楽曲を聞いているだけでも物凄い人生を送っています。

そのQueenが最後に辿り着いた楽曲が「We Are The Champions」です。

楽曲が発表された順を知っている人からすると間違いです。

しかし、楽曲は制作されて完成ではありません。

長い月日の中で歌い継がれて最終的に完成します。

個人的にも一番好きな曲です。

歌詞自体は非常にシンプルです。

簡単に言ってしまうと「勝者の歌」です。

数々の障害に勝利したQueenが今どのような気持ちかを表現した曲です。

「決して楽な道のりではなかった、それでもみんなのおかげで乗り越えられえた。ありがとう」とあります。

Queenがこの楽曲を通して世界に伝えたかったことは何でしょうか。

それは、「どんな壁だってみんなで乗り越えることができる」というメッセージです。

数々の障害と最後まで戦ってきたQueenだからこそシンプルな歌詞で伝えられる。

だからこそ、名曲なのです。

下記にリンクを貼っておきます。

YouTube: We Are The Champions 

 

まとめ

 

「Queen」は伝説のロックバンドです。

イギリスだけでなく、世界を代表するロックバンドです。

数々の名曲を世界に届けてくれました。

名曲を通りして、数々のメッセージを私たちに与えてくれました。

現在、私たちは「大きなモノ」と戦っています。

敵は、未知のため為す術がありません。

結果、世界は混沌に包まれています。

しかし、戦うしかありません。

その勇気は、今は亡き「Legend」がくれています。

是非、今週末は映画を観てください。

Categories:

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


カテゴリー
About Martin

Study Abroad in the U.S.

本場の自由を知る。 

自由の国に住み、西洋の価値観に触れました。

今までの日本で培った価値観とは大きく異なったものに触れることにより、様々なことを学びました。

生まれ故郷の東洋の価値観と第二の故郷の西洋の価値観を混ぜ合わせる・組み合わせることによって、より良い自分になることを目的に活動しています。