緊急事態宣言が発令

   

ヘリコプター, 沿岸警備隊, 救助訓練, 運動, 海, 水, 水泳, チョッパー, 夕暮れ, 夜, 日没

 

本日、政府から「緊急事態宣言」が発令されました。

対象となる地域は、都市部となります。

期間は、現時点では1ヶ月程度となっております。

非常に苦しい状態です。

むしろ、今後さらに苦しくなっていく可能性も十分にあります。

それを見越した政府の勇断だったと思います。

現状では、今後の見通しが全く付けることが出来ません。

「いつ終息するのか」と不安を持っている人も多いと思います。

ただ、とりあえず終息しただけでは意味がありません。

完全にコロナウイルスを克服しない限りは元の生活に戻るのは難しいでしょう。

その方法は、単純に考えると「コロナウイルスに対する効果的な対策」を発見することだと思います。

今回は、そんな対策にはどんなものがあるのかを解説して行きます。

 

マスク予防対策

    

Envato, Covid, コロナウイルス, コロナ, ウイルス, 手袋, マスク, 安全性

 

予防対策と聞くと一番最初に思い浮かぶのは「マスク」です。

政府も各家庭に2枚、布マスクを配布することを決定しております。

では、マスクにはウイルスへの予防対策として効果的なのでしょうか。

現状でも、未だにマスクの購入することは困難です。

店舗にマスクが並んでも、瞬く間に完売になってしまいます。

しかし、ウイルス対策としては効果的ではありません。

マスクをすることによって、鼻と口を塞ぐことになります。

ウイルスが侵入する箇所も、鼻と口と大部分を占めます。

そのため、効果はあるように思えてしまいます。

ウイルスというものは、とんでもなく小さいものです。

その小ささは、マスクの隙間よりも圧倒的に小さいのです。

つまり、マスクをしていてもウイルスはその隙間から侵入してしまうのです。

結果として、無意味というわけではないはずですが万能ではないのです。

そのため、ずっとマスクをしているから大丈夫ということはあり得ません。

 

ワクチンによる予防対策

     

ワクチン接種, Impfspritze, 医療, 医師, 健康, 血圧, 病院, 調査, 注射器, 癒し

次に思い浮かぶ対応策は、「ワクチン」です。

人間には「免疫」というがあります。

免疫とは、感染後に身体の出来るのです。

そして、免疫が今後あなたを同じウイルスから守ってくれます。

つまり、免疫さえ身体に作ってしまえば「感染リスク」は大きく減らすことが出来るのです。

その際に使われるのが「ワクチン」です。

「ワクチン」とは、身体に害を与える悪い要素を抜いたウイルスです。

簡単にいうと、「無害のウイルス」です。

これを身体に入れてしまえば、害がない状態で免疫を作ることが出来ます。

しかしながら、現状では世界中のどこにも「ワクチン」はありません。

その理由は、コロナウイルスが未知のウイルスだからです。

解明を世界で急いで行っていますが、解明されるのはまだまだ先の話です。

つまり、現状では「ワクチン」という予防対策はまだ出来ません。

他にも様々な予防は存在はします。

しかし、どれも状況を打破出来るようなものはありません。

結果、予防は未だ困難であります。

 

 

治療

    

医師, セキュリティ, オフィス, 病院, インジェクション, 分析, 治療, 治療法, 病気, 手

 

ウイルスに感染してしまった場合、治療をするしかありません。

そんな時に使われるのが「抗ウイルス薬」です。

よく言われる言い方ですと「特効薬」となります。

直接、ウイルスを殺すことが出来る成分を持った薬です。

つまり、この抗ウイルス薬があれば治療が可能になります。

加えて、感染後も治癒できるものとされます。

感染したら生死の境を彷徨うことがなくなります。

こうなれば今の危機的状況も確実に打破することが出来るでしょう。

しかし、現状コロナウイルス に対する「抗ウイルス薬」は存在しません。

感染した場合、「抗ウイルス薬」なしで治療に望まなければならないのです。

(もちろん、治療することは出来ます。現に、治癒した人もたくさんいます。)

では、いつになったら「抗ウイルス薬」が出来るのでしょうか。

様々な発表がありますが、正確なことを言うと「わからない」となるでしょう。

その根拠は非常にシンプルで、そもそも「抗ウイルス薬」は少ないのです。

世界には様々なウイルスがあります。

害があったり、害がなかったりします。

その中で害があるものだけ数えても膨大な種類のウイルスがいます。

その全てのウイルスに対して、抗ウイルス薬があるのか。

全然ありません。

抗ウイルス薬は、一部のウイルス分しか発明できていないのです。

決して、不安を煽るわけではありません。

あくまで一つの可能性として提示させて頂きます。

「抗ウイルス薬による治療は今後もできない」という可能性もあります。

そのように考えた場合、事態の終息は短期間ではまずあり得ません。

そのため、コロナウイルス対策として治療は絶望であります。

 

まとめ

   

 

緊急事態宣言が発令されて、いよいよコロナウイルスと臨戦態勢です。

間違いなく長期戦になります。

今は不安でいっぱいですが、いずれ疲労へ変わって行くでしょう。

すでに苦しい戦いですが、今後さらに苦しい戦いになっていくかもしれない。

現状を整理すると、非常に厳しい状況にいます。

対策である「予防」も「治療」も現状を打破出来るものではありません。

これが「現状」という事実です。

もちろん、今後の予想ではありません。

「ワクチン」も「抗ウイルス薬」も完成するかもしれません。

しかし、不確定な未来です。

では、今出来る対策はなんでしょうか。

それは、自粛をすることです。

人と接触しなければ、感染することはありません。

他人とある程度の距離を保って生活をすれば確実に自分を守ることができます。

「ワクチン」も「抗ウイルス薬」も作るのは大変です。

それに比べたら、「人と距離を保つ」ことなんて簡単なことではないでしょうか。

今出来る、最大限のことをやって一緒に現状を打破していきましょう。

 

Categories:

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


カテゴリー
About Martin

Study Abroad in the U.S.

本場の自由を知る。 

自由の国に住み、西洋の価値観に触れました。

今までの日本で培った価値観とは大きく異なったものに触れることにより、様々なことを学びました。

生まれ故郷の東洋の価値観と第二の故郷の西洋の価値観を混ぜ合わせる・組み合わせることによって、より良い自分になることを目的に活動しています。