コロナウイルスは未だ未知

person in blue denim jeans with gray and black metal padlock

 

日々、コロナウイルスに関する情報で溢れています。

そして、感染者と死者数は増加を続けています。

様々な対策を打ち出して、目に見えない敵に対抗していています。

諸外国では、ロックダウンを発令して一切の外出を禁止しています。

日本でも、全国に緊急事態宣言を発令して外出自粛を呼びかけています。

とにかく、これ以上の感染者拡大は医療としても国家としても受け入れる余裕がないのは間違いありません。

そんな中で、「集団免疫」などという単語を最近耳にします。

集団として免疫を身体に持つ事によって、今後の拡大を防いで行こうという考え方です。

これには、様々な意見があり賛否両論です。

一概に正しいとも思えませんし、実施すべきとも思えません。

今回は、そもそもの【免疫】について解説していきます。

免疫が身体に出来れば、未知のウイルスに対抗する事が出来るかもしれません。

 

 

ウイルスとは

Coronavirus disease outbreak dashboard showing deathtoll

 

ウイルスとは、そもそも何なのでしょうか。

世の中のモノは、「生物」か「非生物」に分ける事が出来ます。

「非生物」というのは「物質」と呼ばれたりします。

物質は、突然増えたりしません。

同じ状態であり続けます。

一方、生物は自然的に増えます。

「親から子」という風に繰り返されて反映してきた歴史があります。

では、「ウイルス」はどちらに属するのでしょうか。

一応、「非生物」に属するようです。

確かに、ウイルスは生物特有の細胞を持っていません。

これが、大きな理由として非生物に属するようになっています。

しかし、ウイルスは生物同様に自然的に増加します。

細胞分裂によって増えるわけではありません。

ウイルスは、他の生物に侵入して感染して増えて行くようなイメージです。

結果として、「生物」と「非生物」の間にいるのがウイルスです。

非常に厄介な特性を持った存在なのです。

 

 

 

免疫とは

clear glass bottle with red lid

 

免疫とは、身体の中に構築したウイルスに対抗するモノです。

一度も感染した事がないウイルスに対して、誰も免疫を持っていません。

しかし、完治すると身体の中に免疫が構築されます。

これは、ウイルスだけではありません。

様々な病原菌が身体に入ると、自動的に免疫を作るように出来ています。

結果として、2回目の感染は免疫があるため防ぐ事が出来ます。

ここで、ウイルスの厄介なところがあります。

一度免疫を作ったウイルスがあったとしても、時間をおくと形を変えて再びやってきます。

形を変えて入ってきたウイルスは、免疫が反応しない場合があります。

その結果、2回目も感染する可能性はあります。

そのため、免疫で完全にウイルスを防ぐという事は難しいです。

しかし、傾向として2回目の感染は最初に比べても軽症です。

結果として、【免疫】を付ける事には確実に意味があります。

 

ワクチンとは

grayscale photography of man and woman sitting indoors

 

ワクチンとは、強制的に身体に対象のウイルスの免疫を身体の中に構築するためのモノです。

方法は至ってシンプルです。

対象のウイルスから害となる部分を摘出します。

それを、身体に入れて感染させるのです。

もちろん、害となる部分を摘出しているので身体に問題はありません。

しかし、感染をさせたわけですから自動的に免疫が出来上がります。

このようにして、強制的に免疫を作るのがワクチンです。

非常に優秀な感染症予防なのです。

今のところ、完成の見通しは立っていません。

受ける側の私たちには、簡単そうに見えてしまいます。

しかし、開発する側はとんでもなく複雑で困難な事をやっているのです。

実際、どんな事をやっているのか検討も付きません。

だからこそ、私たちは辛抱強く希望を持って待つべきなのです。

 

まとめ

 

コロナウイルスは、恐ろしい外敵です。

今までにない程、強大な敵です。

国としての単位だけではなく、世界全体で立ち向かうべきです。

未だにコロナウイルスに関する情報は少ないです。

特効薬も予防薬も完成していません。

完成には、今しばらくの時間がかかります。

しかしながら、私たちには猶予がないのも事実です。

日々、東京では感染は拡大しています。

もちろん、その他の都市でも感染は拡大し続けています。

ゆっくり待っている事は出来ません。

しかし、本当に言いたい事があります。

【出来ないモノは出来ません】

無理を言っても出来ないのです。

子どもには理解は難しいかもしれませんが、大人なら理解できるはずです。

では、出来る事は何でしょうか。

自宅で自粛する事です。

やはり、事情は様々なため出来ない場合は仕方ありません。

しかし、時間を稼ぐ事は確実に出来ます。

いつまで、子供と同じ事をするのはやめて大人として責任を果たしましょう。

 

Categories:

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


カテゴリー
About Martin

Study Abroad in the U.S.

本場の自由を知る。 

自由の国に住み、西洋の価値観に触れました。

今までの日本で培った価値観とは大きく異なったものに触れることにより、様々なことを学びました。

生まれ故郷の東洋の価値観と第二の故郷の西洋の価値観を混ぜ合わせる・組み合わせることによって、より良い自分になることを目的に活動しています。